パタヤちゃんとの会うまでのやり取り

現地で色々と書こうと思ったのですが、寝不足でこれぐらいしか機内で書けませんでした。
せっかく書いたので公開します。

内容はタイに行くまでに行ったパタヤちゃんとのやり取りです!

ツイートはちらちらと触れていたのですが、
ブログでは特に触れていなかったのでまとめてみました。


6月上旬頃からバンコク行きの日程を伝えてブッキング開始。

旅行自体は5月に予約していたけど、あんまり早く伝えても、
彼女は関心を示さないため6月になってからにしてみた。


彼女からの「今パタヤだからパタヤおいでよ」のオファーで迷い出す。

バンコクにいなくてパタヤにいるのは分かったけど、
こちらは4泊5日で日にちが限られている。

でも今年最後のタイのつもりだしなぁ。



後は本音でブログのネタ作りのため。

パタヤちゃんとパタヤで会うってのを書いてみたかったw


最初は6月20日(日)にパタヤ行きのオファーを出すも、
いつものように2日ほど放置される。


もう面倒くさくなってきて、「やっぱパタヤ行くの止めるわ」と送信。

彼女からは「T.t」と「Why」と一言。


本当にLitchiに会いたいの?と試すも既読スルー。


もういいや、バンコクの宿も抑えているしと思って、
お互いに2週間ぐらい一切連絡を取らず。

そしたらいきなり7月7日に自分の写真を数枚とともに、
「Miss you so much」


「返事くれなかったじゃん、もうバンコクのホテル予約したよ」と伝える。


彼女からは「I wait you」


悩みましたねぇ。
行かなきゃこのまま関係が切れるのは分かっているので、
そろそろ潮時なのかなぁとも思って。

マカオなら小姐が大陸に戻ることで関係は切れますけど、
タイではどうなるのかは未経験。

まあ何の生産性もない関係なので、このまま切るのが良かったんでしょうけど、
前回5月に会った彼女はこれまでと違った接し方をしてくれたし、
酔った勢いでもう一度会ってみることにしてみる。


ホテルはキーバンコクを4泊抑えているので、途中をキャンセルするより、
最後か最初をキャンセルするのがベター。

初日はバンコク到着が19時最終日は深夜発にフライト変更になったこともあり、
7月21日(月)でブッキングとする。

7月22日(火)はホテルなしになるけど、それは後で考えたらいいやと。


それからパタヤのホテル決めようかと思ったけど、
全然知識がないので彼女にお任せしてみる。


7月11日のやり取り。

「Do you know good hotel?」
「Yes」
「Please tell me good hotel」
「Ok i tell you after」


普通は遅くとも2~3日中にホテル教えてもらえると思うじゃないですか?


全然その気配がないからとっとと予約。


そしたら7月16日になって

「Honey if you come stay in pattaya you tell me ok because i know name hotel for u 」

ハニーじゃねえよw
おせえよw

しゃーないからこう返しておきました。

「Oh... I reserve hotel. Hotel name is Baywalk Residence Hotel.」



一応念押しはこんな風にしていました、。
2014年7月パタヤちゃんへの念押し




結果は約束日には見事に連絡が取れずw

敗因は分かりました。

日本から念押しするだけじゃなくて、現地に行ってからも念押しすることです。


長くなりましたが、これがブログには書いていなかった顛末です。


8時15分ちょいと追記。
しかし自分の英語ひどいなw

見直したらスペルは間違っているし、前置詞の使い方も無茶苦茶。

でもゴゴでは『あなたの英語は分かりやすい』と誉められたことがありますw

中学二年レベルの英語がいいみたいっすw





関連記事

テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する