4日目の午前中~まさかの連絡(2014年7月パタヤ)

10:00ぐらいにビアバー嬢の職場に連行されて軽く一杯。
2014年7月パタヤビアバーの風景


バーには年配の女性と太目の女性がいるだけ。
後はファランのじーさんがチビチビと飲んでいる。

奢って欲しいとのことでペイバーした女の子と3人分ゴチ。

レディースドリンクは100バーツ、会計は自分のビアシンと合わせて375バーツとしれたもの。


11:00前には、チェックアウトの時間である12:00が迫っているので会計を済ませてホテルへ。
部屋に戻る前にフロントに立ち寄りレイトチェックアウトの手続き。

当初の予定では昨夜のうちにパタヤちゃんと遊び、午後にはバンコクに戻るつもりだったけど、
バンコクに戻って荷物を預けても、行きたい所も特にないので予定を変更。

16:00にチェックアウトをして、ホテル荷物を預けてパタヤをうろついてから、
荷物をピックアップしてから20:00ぐらいにパタヤを出ることに。


16:00まで時間があるのでパタヤに来てからの顛末をブログに書いて、
読んでる人に「プギャー」と笑ってもらおうかと。

レイトチェックアウトは16:00までで600バーツ、1時間150バーツで部屋を確保した次第。

現金で払うと手持ちは260バーツしかないので、小額でも両替する必要があるけど、
まずはツイートやブログを確認してからと思って部屋に戻る。

で、カチカチと書いているとLINEがくるので確認するとパタヤちゃんから。


???


今更なんだ?

と思ってトーク画面を確認すると、そこには電話番号と一言「My number」


最初は無視って帰ろうかとも思ったけど、やっぱ昨日なんで連絡くれなかったを知りたい。

というか、本当この時は「会わずにこのまま帰るんだなぁ、これでもう二度と会うこともないな」
と思っていたので、思考回路が追いつかなかった。


とりあえず頭を整理するためにも、電話する前に両替をしておこうかと。

それと今朝方、ビアバー嬢と一戦交えた痕跡を消しにかからないとw


ということでその辺にいたメイドに部屋の掃除を頼んでから、
日本円を持って近所をうろついてみる。

ネットで交換レートのいい両替屋を探すつもりもなかったので、
何軒か適当にあたって無愛想なねーちゃんの店で両替。

10000JPY=3110THBの表示(1THB=3.21JPY)


今日の深夜には帰国するけど、とりあえず35,000円ほど両替。
10,885バーツを手にしてからコンビニに立ち寄り水を購入。

さあ電話してみるか!と思うと既にパタヤちゃんより11:49に不在着信。
普段はあんまり連絡寄こさないけど、会うと決まれば彼女の行動は素早いw

こっちから12:09に電話すると彼女の第一声は日本語で・・・・



「元気ですかっ!?」




どこの日本人客に教えてもらってるんだw

もうね、これで怒るに怒れなくなってしまったw



とりあえず「何で昨日連絡くれなかったの?」と聞いてみるも、
Litchiは英語苦手だしおまけにタイ人の英語だから、
電話じゃ何を言っているかさっぱり分からない。


途中で「パーティー」と聞き取れたので、

(゚Д゚)ハァ ??

パーティーがあったからブッチしたのか?と思ったけど、これは後に勘違いと判明。


今日日本に帰ること、16:00にはチェックアウトすることを伝えると、
今からシャワー浴びて食事をしてからこちらに向かうとのこと。


ホテル名を再度伝えて、大体14:00には来るとの約束を取り付ける。


待っている間は、Litchiも近所の店で適当にハンバーガーを注文してみる。
2014年7月パタヤのハンバーガー

これで210バーツぐらいでけっこうなボリューム。


しばし部屋で待っていると13:30過ぎ、パタヤちゃんより連絡。

ここからがまた大変でした。






関連記事

テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

コメント

それそれ〜(^^)

来ましたね〜(^o^)/

Re: それそれ〜(^^)

せばたさん

ハイ、本当この時はまさか連絡くると思わなかったので、
ちょいとびっくらこきました。

しばらく会う予定もないので、今回の内容は長文乙!でいってみますw


> 来ましたね〜(^o^)/
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する