7月20日(日)その④ ~ゲロゲロゲロッピー(嬢が)~

タクシー内はZさんのターン。
マオちゃんと楽しく会話されている。

というかタイ語だけでなく、イサーン語も少しとはいえ分かるのは凄い!

住んでいたら当たり前なんて思う人もいるかもしれないけど、
きちんと勉強して努力したのだからねぇ。


タクシー内でハゲタカさんより連絡もらっているのに気がついたので、
折り返し架けてみると「何してますかー?」のお電話。

ディスコに向かってますよー、お伝えするとそれは残念。
合流は厳しそうですねとのこと。

夜のハゲタカさんとお会いしてみたかったけど、まあまた機会があるでしょう!



で、到着した先はハリウッド(多分)



4人いるからボトル入れた方がいいっしょ!
ジョニ赤を入れて4人で中に入ってみる。


時間は1:00過ぎなのでちょっと早い。

客足もまばらなのでまずは乾杯から。


で、飲んでいるとそのうち客も多くなるし、4人のエンジンもかかってくる。

この時にZさんがマオちゃんのグラスに、どぼどぼウィスキーを注ぎ足す鬼畜行為。


おかげさまで大酔っぱらいの彼女が出現しましたw

まあ、自分も大概酔ってしまって、駐車場にいたネーチャンから花とか買っちゃいましたw


飲んで踊ってボトルも空いたところでホテルへ戻ることに。

ZさんとNKさんはナンパしていたみたいだけど放流。


どっかいいとこ(?)に向かう二人とお別れしてからホテルまでタクる。



さあ今回初めてのブンブン!

マオちゃんからしつこいぐらい「コンドーム持ってる?」と聞かれるので、
「持ってるがな、もってるがなぁ~。ダースでもってきたがなぁ~。」


シャワーを一緒に浴びようと思ったけど、そこはどんなに酔ってても断られる。

寂しく一人シャワーを浴びて戻ると、

マオちゃん「気分悪い・・・」


ベット横のゴミ箱へゲロゲーロ。


最初はすぐ収まるかな?と思いきや、30分以上吐いては水を飲んでの繰り返し。

ずーっと介抱してました。
2014年7月バンコクマオちゃんゲロッピー



ようやく落ち着いたと思ったらスヤスヤと寝息を立てている。



この状態でブンブンするほどワイルドキャラでもないので、
クソかわゆい寝顔を見ながら自分も就寝。


8:00前には起床。

マオちゃんはぐっすり寝ていて起きる気配もないので、
ネット見たりブログ書いたりして時間潰し。

しかし6:00には帰ると言っていたのを交渉して7:00にしたけどその時間も超過。

起こすのが優しさかもしれないけど放っておくw


で、ようやく彼女が目覚めたのは10:00前。

その時の表情はまさに


(。ŏ_ŏ。)


どこかに電話してタイ語で何やらお話し(彼氏?)


どうするのかなー?と思っていると、寄り添ってくるので戦闘開始!


軽いキスはOKなのでそこから始めて色々といじくるも、
マオちゃんはかなりの冷凍マグロ(苦笑)

自分もチェックアウトの時間があるので、解凍作業は諦めてゴム付けてとっととインサート。


うん、早撃ちLitchiの本領発揮で2分ぐらいで暴発しましたw


どこかで見かけたJapaneseのFourを実践!

Four thousand baht tip
Four inch dick
Four minute sex


多分、ファランあたりが日本人のタイでの遊びを揶揄した表現。

そのまんまやがなw



まあ、この暴発のおかげでマオちゃんには楽な客と認定されたらしく、
次はいつバンコク来るんだと営業がきっちり来ていますw


4000バーツとタクシー代の200バーツを渡してから下までお見送り。


屋台で朝食を買った彼女はモタサイのケツに乗って、
オンヌットの自宅まで颯爽と帰って行きましたとさ。






Twitterも使ってマース。

@Litchimacau





関連記事

テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する