7月21日(月)その③ ~ほろ苦いパタヤデビュー~

バカラを後にして向かった先はココ!

2014年7月パタヤのクレージーハウス

今、バンコクで勢いがあるGOGOバーはCrazy Houseだけど、
パタヤの同名のここはどうなのか調査。

ちなみに調べた限りではバンコクとパタヤの店は一切関連なさそう。
(素人なので間違っているかも?)


入店すると奥に細長いウナギの寝床風。
真ん中あたりに風呂桶とシャワーがあってショーの一種なのか、
けっこうなブ○イクがシャワーを浴びている最中。

座席に案内されて店内観察。


スタイルのいい嬢が多い。

それだけしか印象になく、BBAも混じっている印象が残っている。


それでもマジメに(?)ダンスしているのを見てから、
好みの顔立ちの嬢を召還してみる。

番号は154か145か忘れたけど、日本人ウケ好きしそうな顔立ち。
薄い顔立ちで少なくともLitchiの好みにはハマル。

ところがこの嬢、かなりスレてて来てそうそうのドリンク要請はまだしも、
「友達にドリンクいいか?」とイヤーなパターン。

ペイバーするつもりがあるので、あんまりケチくさいのもどうかと思い了承。

するとほどなく「もう1人にもいいか?」


さすがにシブイ顔をするも「これで最後だから」の一言でOKしておく。


この嬢、「他に知っている客がいるから」と行ったりきたり。

その間もちゃっかり追加でドリンクをゲットしている。


ろくに話しもできないし、ブ○イクな友達に挟まれてこちらはいっちょも面白くない。

ここの店も踊りながら嬢が移動するスタイルで、他にも目移りする嬢がチラホラ。
その中でめっちゃ好みの嬢にアピられるけど、一応他の嬢を呼んでるので自重。

ところが呼んでいた嬢は気がついたら向かいのファランの横に私服で座っている・・・orz


見事に馴染みの客っぽいファランにトンビされましたw



イヤ、別に他の客にペイバーされるのは仕方ないけど、
それならそうと早めに言ってくれ。

おかげでアピってくれた嬢は他の客のところ。


さすがにトサカにきたので友達嬢に「彼女にFuck youって言っといて」と捨て台詞吐いて退散。

みっともないけど、さすがにこの対応は温厚なLitchiも怒りますよ・・・

会計は620バーツぐらい支払った。



ムカつきながらすぐさま近くの店へ。

Nui's clubってツイートしてたけど、そんな店あるんかいな?

リンクしている「パタヤGOGO情報」で調べてみるとRunwayって店っぽい。

とりあえずこの時はどこでもよかったのでキャッチに言われるままに入店。


店内はそんなに混んでない。

しばらくビアシン舐めながら眺めていると、304番の嬢が元気な踊りなので呼んでみる。

ケーキちゃんで年齢は22歳だったと思う。

明るく接客してくれるし、気立てがいい感じなので「テキーラ飲む?」と聞いてからガンガンテキーラw


ほんと懲りないアホウですw


店内でチュウとかお触りとかしつつ、踊りに行くと元気なダンス。
踊っているケーキちゃんにダンスチップとして100バーツ。

さらに次の踊りでもいい感じなので追加で100バーツとか。


パタヤちゃんからの連絡はないので、ペイバーどうしようかな?と思っていると、
この嬢も知っている客のとこにしばしば行くタイプ。

ファランの膝の上に乗っているのを見たら、なんかバカらしくなってきた。


いい加減、飲みすぎたし会計してから退店。

1500バーツぐらいの会計でした。


テキーラの飲みすぎでフラフラになりながらホテルまで戻り、
そのままシャワーも浴びずに酔いに任せて日付が変わる前後に就寝する。




Twitterも使ってマース。

@Litchimacau





関連記事

テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する