ギャンブルについてほんの少しマジメに考えてみた⑧

カジノのゲームに限らずギャンブルには控除率が存在しています。

なので長くプレイを続ければ、数学的には絶対にマイナス領域へ入る。


カジノの期待収益は賭け金の総和に控除率を乗じたものとなる。

よっていかに長く滞在して、いかに長くプレイしてもらうかが重要。


そのためにコンプシステムや各種プログラムが用意されている。



カジノの1日の賭け金の総和はとんでもない金額。

まあ一人一人のプレイヤーの賭ける金額なんてゴミみたいなもんです。
(キツイ書き方かもですがよっぽどの鯨以外は本当のところ)


なのでここでイカサマなんて考えられないと書いた次第。


カジノはあなただけを相手にしているのではなく、
何千人というプレイヤーを同時に相手にしており、
賭け金の総和が増えることで収益を期待している仕組みです。

試行回数が全プレイヤーXプレイ数になることで、限りなく確率通りに収束する。

大数の法則で利益を生み出す仕組みですな。


そしてカジノプレイヤーは勝ったとしても、すごい確率でまたカジノに舞い戻りますから、
まあある意味固い商売ですよねー。


ちなみに大数の法則に則ってビジネスをしているのは、
保険会社やクレジットカード会社等がありますよん♪




Twitterも使ってマース。

@Litchimacau







関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する