6日目全部<嬢がガチ切れ> ~ 2015年2月パタヤ

ちょっと待ち合わせより遅れてきた円(まどか)ちゃんと合流。

あんまりディスコとか好きでないけど、Litchiが最終日だからと付き合ってくれる。

入店してからしばらくして円ちゃんがおずおずと、
「明日の朝早くに一緒に住んでいるママの子供を病院に連れて行く。
なので今日は3時か4時には帰らなければいけない」と言ってくる。


ハイ、出ましたw



ゴゴ嬢がよく使う早帰りの理由ですねw


まあ仕方ないね。

残念だねーとか言っているとこちらの表情を読み取ったのか、
彼女はどこかへLINE(SMSだったかも?)で連絡入れている。

しばらくしてから「一緒に住んでいるシスターに代わってくれるように頼んだよ」
とスマホの画面を見せながら言ってくる。

見せられてもタイ文字なので分からないんですけどw


うーん、正直本当かどうかは分からない。

最初からそんな用事なんてなくて、単に客といるのがダルイから、
とりあえず早帰りの理由をデッチあげていただけの可能性が高い。

このあたりはパタヤちゃんに散々鍛えられたんでw


まあ本当にシスターに頼んだなら凄くいい嬢だけど、
嬢の言うことを素直に信じられる心はもう持ってませんw


その後はシーシャを楽しもうとするも、彼女はシーシャも嫌い。

でも吸ったことないことを伝えると注文してくれたり、
「ミントが入っているのがいいらしいよ」とか教えてくれる。

シーシャも30分ぐらいで彼女が嫌そうなので切り上げようとするも、
「まだもうちょっといいよ」とか最後だからとかなり気を遣ってくれる。


しばらくして場所を変えて飲んでいる時のこと。

彼女がトイレに行ったスキにテキーラ3杯を一気に飲んでいるところを見つかるけど、
その時も「大丈夫?」ぐらいでそれほど言われなくてラッキー。

結局、調子に乗って3,000バーツ以上は飲んだかな?


昨日と同じく音響で頭が痛くなってきたと言うので退店。

帰りにねだられた服を買ったりとゴーゴー遊びの延長を楽しむ。


ソンテウはソイ10までだと言うと200バーツ。

適正価格かどうかは不明だがそれで手を打っておく。


後はホテル近くの屋台で夜食とか水を買ってホテルへ戻る。


最初は普通に食事してたけど、色々なことが原因で彼女を怒らせてしまい、
すっげえキレられて「お金なんかいらない!帰る!」言い出してしまう。

そこをなんとかなだめすかして就寝。

このあたりのことはその場でTwitterで適当にツイートしているので、
興味のある方はリンク踏んでみて下さい。


朝、5時30分頃に目を覚まして一人でシャワー浴びたりゴソゴソする。

円ちゃんはタバコも嫌いなのでベランダで吸っている時に目を覚ます。

8時ぐらいだったかな?


寝起きなのと寝る前のこともありすっごい不機嫌。

まあ色々とお話しをして機嫌を直してもらってブンブン。


その後は逆に居すわられてこっちの時間がなくなる羽目にw

11過ぎに帰る彼女をお見送りした後、レイトチェックアウトをフロントで聞くと、
「今日は満室だから無理(・∀・)」との無情な答え。

「でも12時30分まではいいよ」との優しをいただき、
シャワー浴びたり荷物をパッキンして余裕を持ってチェックアウト。


することがないので食事をした後には、無駄にウォーキングストリートを通り抜けたり、
変な道を使ってセカンドロードに戻ったりと、昔マカオでよくやっていた手法で時間潰しを行う。

フラフラと歩き回るのが本当は好きなもんで。

しかし飲みに行く時も嬢は呼ばずにチビチビ飲むのが常だったけど、
ゴーゴーで散財する楽しさを覚えてから随分と変わったものだ。


歩き疲れたので1時間ほどフットマッサージ。


その後は16時前にホテルで荷物をピックアップして、
ホテルのラウンジでコーヒを頼んでしばし休憩。

17時過ぎには重い腰を上げてから、セカンドロードで流しのソンテウを止める。


「ノースバスターミナルまで」と言ったら200バーツ。

そんなもんかと思いオーケーしたら、「ラッキー♪」みたいな顔を一瞬されたw


ここは交渉するべきであったと反省。


ソンテウでターミナルへ着いた後は、エカマイ行きのチケットを119バーツで購入。

18時発のバスで20時10分ごろにはエカマイ駅着。


その辺の屋台で適当に食事をしておいてから、
BTSのパヤタイ経由でエアポートレールリンクで空港へ。


110バーツと不当な値段のコーヒーを飲みながらこれ書いています。




Twitterも使ってマース

Twitter






関連記事

テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する