2月14日(土)その⑥ ~ Happy Valentine Day ~

バンブーさんと落ち合い向かった先はLitchiのリクエストでバカラ。
2015年2月パタヤバカラコースター

音楽も流れていない店内でちょっと待ってからオープニングを見学。

いや、なんか嬢が勢ぞろいする光景が見たかっただけ。


バカラ@パタヤ、見る分にはGOGO店内とはいえ食指が動く嬢が多数。
(GOGO内では照明の影響で三割増はよく見える)
でも自分の中ではマカオの回遊魚と一緒で鑑賞用。

なかにはいい嬢もいるんだろうけど、アタリを引くまで大変そう。


バカラで69バーツのドラフトビアを飲んだ後には、
バンブーさん行きつけの店でカオマンガイ。

ここでバンブーさんは昨日の天使(笑)に会ったとのこと。

しかし、ここで声かけるなんてマジすごいわ。


この後は流れでマンダリンに入ってみるも、入ったことを後悔するレベル。

確か去年の10月はコヨーテでそこそこ可愛い女の子が複数いて、
それなりに飲んで騒げたのにそんな面影はみじんもない。


この後は特に行きたい店もなかったので、いったん別れてそれぞれホテルに戻る。

自分はホテルに戻る途中でマッサージ屋で背中をマッサージ。
22時から45分で250バーツなり。

そこそこコリもほぐれたので50バーツチップしておいてから、
いったんホテルの部屋に戻ってちょっと休息。



ぼちぼちかなー、と思ってビーチロードまで歩いて行ってソンテウに飛び乗るも、
土曜の夜だからか結構な渋滞で思ったよりも時間がかかる。

悲しいかな、Litchiは典型的な日本人なので自分が待ち合わせ時間に遅れるのは大嫌い。

マドカちゃんとの約束は0時にインソムニア近くなので、
ソンテウから降りて早足でウォーキングストリートへ。

時間ちょうどに到着してから彼女に「どこにいるの?」と連絡を入れると、
ある意味予想通り「部屋だよ~」の返信。


ってオイw


というツッコミは無意味。

まあ、これぐらいは想定内。
すっぽかさないだけマシ。

「15分ぐらいでつくよ~」という彼女を待って合流してからインソムニアへ。


今日は客が多くて落ち着き場所を探すのに苦労するけど、
なんとか開いているテーブルをゲットしてから軽く乾杯。

ちょうどその時に電飾の花を売りにくるので、
今日はバレンタインデーだし花でもプレゼントするかと購入。

多分30バーツとかだったし。
2015年2月パタヤinsomniaの電飾花


そんなしょぼいものでもマドカちゃんは素直に喜んでくれる。

速攻で写真を撮って自分のフェイスブックに投稿。
2015年2月パタヤマドカちゃんのFB電飾花

以下は間違っている箇所があるかもしれないけど、
自分が知っているタイにおけるバレンタインデーの知識。


タイではバレンタインは特別な日。

日本と違って男性から女性へ花束と、
なぜだか知らないけどクマにちなんだものを送る習慣がある。
(別にプレゼントならクマでなくても可らしい)

ロイクラトンほどではないけど、女の子がお姫様扱いされる日。

クリスマスは逆にそこまで盛り上がらない様子。


そういや去年のバレンタインはパタヤちゃんに部屋に来てもらったなー。

JKコスだけさせて、プレゼントとかいっちょも用意していなかったけどw
まあ、当時はそんなタイの事情とか知らなかったしやむなし。


今年はちょっとうまいこといった様子。

しかしバレンタインデーを2年連続タイで過ごすとはw



飲んで踊っているとマドカちゃんが「音響で頭がいイタイ(つ∀`*)」と言ってくる。


よってさっさと店を後にしてから昨日と同じルートでホテルに戻る。
ソンテウ乗り場の手前にいる物乞いに施しをするのも昨日と一緒。

自分もマドカちゃんを見習い20バーツ札を渡しておく。


コンビニに立ち寄り頭痛薬らしきものを買う時も、
自分でさっさと出しているのでちょっと新鮮だった。


300バーツと言ってくるソンテウは無視して、100バーツのソンテウを拾ってホテルへ。


バレンタインデーだったので、ホテルに戻った後に彼女にちょっとしたサプライズを与えてみる。

ボチボチと成功しました(・∀・)


しかしシャワーを浴びた後、連日の寝不足が響いて自分はなんと寝落ち。


起きてからやっぱ仮眠と休息は大事だと実感。





Twitterも使ってマース

Twitter





関連記事

テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する