3月16日(月)その② ~ バンコクへ!

マドカちゃんを見送った後はその足で昨日と同じカフェ(レストラン?)へ。

ブレックファーストメニューがあったのを覚えていたので、
お味はどんなものかと行ってみる。

注文したのは120バーツのアメリカンブレックファースト。
2015年3月パタヤアメリカンブレックファースト

昨日のセントラルパタヤロードの店より高いけど、
当然こちらの方が美味しゅうございました。


ホテルに戻ってからパッキンを完了させてチェックアウト。

さっさとバンコクに行くのも一つの手段だけど、パタヤの方が物価が安いので、
マッサージやシーシャはパタヤで済ませておくことに。

そうと決まればベルに荷物を預けてからウォーキングストリートまで歩いて、
いつものシーシャカフェで小一時間ほどボケる。

店員もフレンドリーだし、適度にかまって基本放置してくれるしで、
この店以外を開拓する気がなくなってきた。


シーシャでボケた後は歩いてビーチロードを北上。

途中のコンビニで携帯のSIMを100バーツだけチャージ。
あっ、マカオのSIMがあるけど最近チャージしていない。

そろそろ期限がくるけどマカオに行くことも少なくなったから、
このまま失効させてもいいかなー。


ソイ10近くまで歩いてお気に入りのキレイ目のマッサージ屋へ。

1時間200バーツのフットマッサージを受けてから100バーツチップ。


その後、これまたいつも行っているモールへ。
2015年3月パタヤいつも行くモール


買い物とかあるわけでもなく、単にここのフードコートがガラガラなので好んで来ているだけ。
いつも食べるのは50バーツのカオマンガイ。
2015年3月パタヤモールでカオマンガイ


しかしシーシャ、マッサージ、フードコートのいずれも何回も行っている店ばかり。

本当、何でも同じとこをリピートするこの性格はずっと変わらないんだろうなぁ。


多分15時ぐらいにホテルに戻って荷物をピックアップ。
ベルには20バーツチップしておく。


セカンドロードで流しのソンテウを拾ってから、ノースバスターミナルまでを確認。

前回と同様200バーツと言ってくるので試しに交渉してみるも、
いっちょも安くなる気配がないのでこれが適正価格なのかなー?

まあ、北バスターミナル⇔パタヤ市内は200バーツのことが多いので、
こんなもんだと納得してから乗車してターミナルへ。

119バーツのエカマイ行きのチケットを買ってから、
乗車まで時間があったのでターミナルをきちんと見ていると、
コーヒー屋があるのを発見する。
2015年3月パタヤ北バスターミナルでコーヒー


いつも時間がなくてバタバタしていたから知らなかった。

タイに来ると不足がちなカフェインを40バーツ払ってここで補給。


ターミナルの待合所では日本人の新婚らしき夫婦が乗車待ちしている。

パタヤに夫婦で来るって凄いねー。
自分は絶対にそんなことはできないw

どのバスに乗るのか分からないっぽかったので、一瞬助けようと思ったけど、
余計なお世話なのでそのままスルーして喫煙所で一服。


バスに乗る乗客を眺めていたら初老のファランの男性と、
なよっとしたタイの若いアンチャンが仲睦まじくバスに乗り込む、
ある意味タイっぽい光景を目撃。


16時ぐらい発のバスに乗ってバンコクへ移動!




Twitterも使ってマース

Twitter







関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する