パタヤ六日目の夜 ~ 2015年GW(パタヤ延長戦)

まさかの延泊の上にあきらめモードだった携帯が戻ってくるので、
ここからは浮かれモードに入ってくる。

朝から何も食べていなかったので空腹を覚えたので、
ホテル近くのフードコートでカオマンガイの蒸したのと揚げた鳥がのっているので食事。

それから「ホテルに戻ってTwitterで報告だな!」と思って戻った瞬間に、
ホテルの男性従業員が部屋にやってきてから電話に出ろと。

なんのことかと電話に出るとフロントからで、
「Mr Litchiの予約は明日ですねー。今日は部屋はあるのでホテルレートで泊まれますよ」

ハハw
やっちまったぜと思いながらも一応予約をずらせないか聞いてみるも、
「agodaブッキングだから無理(・∀・)」とのこと。

しゃーないので了承してから、フロントに行ってからカードで決済。

しかし自分の持ってきたカードだけど、

・VISA(普段もよく使って今回ATMに忘れたもの)
・アメックス(最近作った)
・VISA(年に一度も使わない、具体的にいうとローソンのカード)
・マスター(作ってから10年以上になるけど使った記憶がない)

カードなんて荷物になるわけじゃないと思って持ってきてよかった。
これが上の二つのカードだけだったら以降全部キャッシュになるとこだった。


18時に携帯を取りに行くので飲みに行く気もなく部屋でガザゴソと、
帰国の飛行機を予約したり野暮用を済ませたり。

17時30分前にはホテルを出てからソンテウで三度タクシー手配所へ。

ちょっと時間が早かったので、ピザ屋台でピザでも食おうと顔を出すと、
ゲイっぽいにーちゃんは怪訝そうな顔。

そりゃー「日本に帰るよ」って言っていた客がまた来たらそうなるわなw

ピザ二種類とコーラライトで腹を満たしてから、タクシー手配所に行くと昨日の運転手。

やっぱみんなが言うように「なんでその場で電話しないの?」と聞かれた。

だから自分の電話番号知らんっちゅーねんw

インターネットしか使ってないんだよとは伝えておいたけど。


まあ、20分ほどその場で電話が架かってくるのを待っていたり、
ちゃんと携帯を持っていてくれたりで悪い人ではない。

お礼を言いながら1500バーツをお支払い。

ん?普段1バーツでもケチるのに太っ腹だね!と思ったそこのアナタm9(・∀・)!!
当然、自分の金じゃなくて家計だからですw

自分の給料が源泉だけど、自分のもの感覚がないからどうでもいいw


後はその場でタクシーも予約しておく。

そういやこの時に運転手がおばちゃんにどういう意味のチップか不明だけど、
100バーツ札を渡そうとしていたけどやっぱり頑なに受け取らず。

そういう女性なんだなぁ。



携帯が戻ってきたので浮かれながらホテルへ帰還。

ただ手持ちが6,000バーツぐらいしかないから、GOGOで遊ぶのは難しい感じ。
飲むだけなら問題ないけど(あるかもしれんw)ペイバーは厳しい。

深夜から踊りにというか爆音を聞きに行くことにして、
仮眠のためにバービアで酒を入れることにする。

一人で飲みつつディスコ要員としても優秀なナオちゃんに連絡。

「へ?日本に帰ったんじゃないの?」と当然ここでも聞かれますわなw

パタヤにいることを伝えると「Wow good」の返し。

夜に会うことを伝えて時間を聞くも定番の「Up to you」


1時の約束にしてから、バービアを後にしてかた屋台で焼き鳥買って部屋で食べて就寝。




Twitterも使ってマース

Twitter



関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する