4月30日(木)その② ~ ソイ6はもっと評価されてもいいと思う

ということでソイ6にきてみる。

自分も詳しい訳じゃないけど、
ソイ6はバービアっぽい店が通りの両側にずらっと並び、
そこにいる女性達とショートで店の上で遊べる形態。

置屋&バーみたいな感じで宿泊も可能らしいので、
自分の感覚としてはマカオの賓館に近い感じだった。
(実際は違うのであくまで感覚)

ロングも可能みたいだけど、基本は店の上にある部屋でショート。

料金も知っている感じでは嬢に1,000バーツのチップに、
部屋の使用料とペイバー代で店に300~500バーツ。


よく「選ぶにはキツイ」と言われるけど、丹念に見て回れば選べる嬢もいる。

これまで2~3回は来たことあったけど、今までは入る気もなかったので適当に見ただけ。
今回はきちんと(?)見て回ると、まあ選べないこともない嬢もいる。

通りの真ん中ぐらいの店に一人まあまあ好みの嬢がいたので、
その店に入ってから取りあえずビアシンを注文。

店の名前とかは全く覚えていませんw


ビアシン飲んでシーシャを頼んでみると、シーシャは店で売っているわけでなく、
シーシャ売りのおっさんがスクーターで売っているパターン。

アップルミントで160バーツと良心的な価格。


好みの嬢はあまりこちらに寄って来ないので、
その辺の嬢と適当にお話し。

飲みながらの悪い癖で、マドカちゃんに散々なメッセージを送って、
結局相手が切れて連絡が途絶える。

ちょうどいいタイミングに好みの嬢が近くに来たのでドリンクごちして、
シーシャを口移しで飲んだりしていると、やがて上へのお誘い。

名前も忘れた嬢だけど年齢は30歳って言ってた記憶があり。
料金を確認すると、チップは1,000バーツで部屋代は350バーツ。

飲み代は770バーツだったので、30バーツチップして800バーツをお支払。


その後に一緒に上に行く。
部屋の写真は撮ってTwitterにアップしたけど、参考にもならない写真なんでなしで。

交代でシャワーを浴びてからブンブン開始!

キスはしたかな?こっちが責めた記憶も有り。
そして尺がタイの嬢にしてはすごく上手で、男をその気にさせるのも上手かった。

ただ、結構にヘベレケになっていたので、何と不発というか空砲で終了・・・orz


体調が良くないのかなぁ~~?


まあ、上機嫌でチップの1000バーツを渡して、
部屋代を下で支払い千鳥足で歩いて帰る。

帰りのコンビニでスミノフを2本買ってから、
部屋で飲みながら倒れこむように就寝。




Twitterも使ってマース

Twitter





関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する