4月30日(木)その③ ~ 最後

寝たのは多分18時30分頃で起きたのは20時ぐらい?
当然、そんな短い時間で酒が抜けるわけでもなくちょっと酔ったまま。

現地実況では寝る前にマドカちゃんにケンカをふっかけて云々あったけど、
それは勘違いで確認するとソイ6で嬢と部屋に行く前の話しだった。

Beetalkでケンカをふっかけたのは明らかに自分で、
結果「20時に行くから早く寝ろ!この酔っぱらい」と怒られてから、
ソイ6で嬢とブンブンしたんだった。


20時30分ぐらいに今度はLINEでやり取りしているけど、
ここではそんなにヒドイ感じではない。

ただ、この時も行く行く詐欺をかまされたから、
もういいから飲みに行こうと思った。

そう思ってシャワー浴びて着替えた時にホテルに着いたと連絡。
合流したのは結局22時過ぎぐらい。


ちょっと険悪なムードだけどなぜかマッサージに行こうとなってから、
昨日と同じマッサージ屋で1時間ほどフットマッサージ。

昼間にインソムニアに行こうって話しだったので、
この後はウォーキングストリートに向かうことに。

二人分の料金400バーツを払って、チップも同じ金額を払ってから、
近くのモタサイ乗り場で1台に二人で乗っかて移動。

ウォーキングストリートまでは二人で100バーツ。
(当然、1台に2人乗ったら2人分の料金が発生)


とりあえず食事をしていなかったので、軽く何かを食べたいことを伝えると、
じゃってことでマクドナルドに連れて行かれるがテイクアウト専門w

どこで食べるんだよって話しになって、その近くにあったレストランへ。


マドカちゃんはなんかのジュースだけ頼んで、自分はオムレツご飯。
2015年GWウォーキングストリートでオムレツ

この店のは普通に美味かった。

食事のときには険悪なムードも和らいできて、お互いに家族の話しとかしていた。
彼女は兄弟が4人に姉妹が2人だったかな?
タイ人の田舎らしい大家族だなーって思った。


会計は245バーツだったので260バーツ払ってインソムニアへ。


飲んだのは自分はビールでマドカちゃんはジュース。

いつもは彼女の調子が悪くなって小一時間で帰るけど、
今回は彼女のことは気遣いせずに自分がいたいだけ滞在しておく。

といっても2時間程度だけど・・・


さてホテルに戻るかとなった時にコンビニに立ち寄る。

なんか充電器のケーブルが欲しいらしくて、店員に話しかけて色々と聞いている。

そしてさも当然のようにこっちに渡してくるので軽くイラっときたけど、
たかだか200バーツ程度のもので渋るのもアレなので、
Litchiが会計を済ませてブツは彼女に渡しておく。

いらないアンドロイドのケーブルを「For you」とか渡してくるけど、
それ俺が買ったヤツやんw

イヤミで「From my wallet」とか言っちゃう、器の小ささを発揮してから、
モタサイに三ケツでホテルまで戻る。

帰りのモタサイは運ちゃんの5歳にも満たない子供が、
運ちゃんの前に乗っていたから四ケツか。

しかしそんな子供が深夜の2時に起きている環境は日本じゃないよなー。

ホテルに着くと彼女は当然、子供には20バーツを笑顔で渡したりしている。


こういった子供好きとか弱者に優しいところは、いいところなんだけどねぇ。



部屋では普通に交代でシャワーを浴びてから、
普通にセックスしてから終了。

なんかこの時も早かったから「グッドブンブン」と褒められたw

体調悪いから長いのは苦痛だとはっきりと言われたなー。


3時ぐらいには就寝する。





Twitterも使ってマース

Twitter





関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する