5月6日(水)その① ~ さよならパタヤまた7月に

ということで、アイアンクラブを後にして向かった先はインソムニア。
時間は日付が変わった0時30分頃と普段よりは早い時間。

早い時間のつもりだったけど、ナオちゃんを見つけられないぐらいの混雑。
と思ったら行ったこともないような奥の方にいたw


今日はいつものメンバー(※)じゃなくて、ナオちゃんと年輩女性の二人のみ。

(※)ナオちゃん、年輩女性、ファラン好き

ナオちゃん以外は名前も聞いていない。
だって興味ないんだもんw

それほど飲んだ記憶もないけど、昨日入れたボトルはもう半分もないぐらいになっている。

邪推だけど昨日自分が入れたボトルはナオちゃんの名前でキープ、
そして今日は年輩女性のボトルを出したのではないかとw

まあ、そんな可愛い策略ぐらいは笑って受け入れる。

「もうお酒が少ないの(´・ω・`)」なんて言われると、
「えーがなえーがな、オッチャンが奢るがな」と気前新しいボトルをいれる。

だって後でボキのを入れさせてもらいますから(・∀・)



もちろんケチなLitchiは値段を覚えているw
ボトルは1,630バーツで店員には30バーツをチップしていると記録にある。

一応、旅行時はどこにいってもアプリで使った金額を極力記録。
ブログ書く時に意外に便利なんだな。

この時の大体のレートである3.6円で計算すると6,000円ほど。

こうやって日本円で計算すると安いとは思わないけど、バーツマジックの恐ろしいところで、
この時の感覚としては2,000円ぐらいの感覚だったw
2015年GWインソムニアラストナイト


ということで後はいつもと同じ。

3人でシーシャを回し飲みしながら、酒飲んで踊ってまた飲んでのエンドレス。
バカみたいにゲラゲラ笑って刹那的な享楽に酔いしれる。

適度のストレスなら問題ないけど、日本ではイライラすることも多く、
自分を押し殺して日常を過ごすけど、今は何も考えずに自分がやりたように振る舞う。

Twitterでもバカみたいにツイートしてはしゃいでいるから、
今見直したら恥ずかしいですたいw

まあ、数ヶ月に一度の気晴らしなのでいっか。


マドカちゃんに切られることを覚悟で、この時に他の女の子と遊んでいる写真を、
FacebookとBeetalkのバズにアップしておく。



今日もホテルに一緒に行こうとするとナオちゃんより、
「サンペー、サンペー」(←こう聞こえたw)と言われる。


最初は分からなかったけど途中で分かった。


3人プレイのお誘いですw



もちろん答えは即答で


No



そもそもシラフでも3人なんて疲れるだけなのに、
酒飲んだ状態でしたくないw

そして年輩女性は金払ってでもやりたい相手じゃない。


ナオちゃんからしたらお客がつきにくい姉貴分を気遣ってのことなんでしょうなー。

ええ娘や・・・
(この感覚は多分ずれてるw)


ということで丁重にお断りして、もうホテルに戻ることを伝えると、
ボトルはちゃっかり年輩女性がキープしているw

まあ、全然イヤな思いをしなかったのでそれぐらいは喜んで!


後は路上にいるモタサイ1台に二人で乗っかってホテルへ帰還。

ソイ10まで100バーツの良心価格だった。


しかしパタヤでの嬢と三ケツって危ないけどクセになるな・・・


嬢の乳トップが背中に当たるのでw



部屋に入ってからはいつもの悪いクセが出てしまってから、
ベラベラと喋っていたら「パークワン!」を連呼された。

タイ語はほとんど知らないけど、その言葉は知っているよw


それからは休む間もなく一緒にシャワー。

酔っているからか相手も積極的だし、こっちも理性のタガが外れがち。

お互いに相手を貪り食うようなブンブン。
アルコールの影響でなかなかイカなかったけど、ラストなので頑張って腰振って終了。

そしてお疲れのナオちゃんはスヤスヤとカワイイ寝息を立てながら爆睡状態に。
2015年GWの最後の夜の嬢




ってオイw



こっちのタクシーの時間は5時と伝えておいたので、
一人でシャワー浴びて荷物をまとめてから、
セーフティボックスを確認したら悪いけど叩き起こしたw

5時が近いことを伝えてからチップを渡して一緒に下までお見送り。

ビーチロードまで出るまでもなくモタサイが捕まるので、
そのまま乗っけて100バーツを握らせてバイバイする。


後は部屋に戻ってチェックアウト。

ジャストでタクシーが来るので乗り込むなり爆睡。

運転手に「エアポート」と起こされたらもう空港。
時間は6時35分、深夜とかの時間ならパタヤから空港まで1時間30分と学んだ。


寝不足と遊び疲れのため、感傷的になる間もなくチェックインカウンターへ向かう。




Twitterも使ってマース

Twitter



関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する