トラベラーズチェックの思い出

そういや昨日のポストを書きながら思い出したけど、
昔は現地通貨調達手段にトラベラーズチェックもあったなー。

・日本円を両替
・クレジットカードでキャッシング
・国際キャッシュカードを作ってATM利用
・トラベラーズチェックを作って持参


今ならこれ以外にも、海外専用プリペイドカードを作るなんてのもありますね。
セゾンのNEO MONEYとかネットの宣伝でよく見かけるし。

NEO MONEYは自分は持ってないんですけど、
クレジットカード嫌いで複数国行く人とかはありですかね?

NEO MONEYを作るならこちらからどーぞ、今なら250ポイントですが獲得できます。
↓ここから登録できます
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

※Litchiには誰が登録したとか分かりません、分かるのは登録していただけた人数だけです。



で、トラベラーズチェックですけどアメリカにあるカジノに行く時の手段でした。

何といってもまとまった金額なら現金より絶対有利だったし、
紛失しても手続きを取れば戻ってくるし。
(これは実際に家族が紛失したけど、日本円で戻ってきた経験あり)

カジノのキャッシャーに行けば、そのままドルキャッシュに交換ってのはお手軽でした。


それがVISAのトラベラーズチェックの販売が終了したのがもう何年も前。

アメックスのトラベラーズチェックは細々と販売されていたけど、
それも2014年3月には終了。


カジノでなら最強のドル調達手段だと思ってますけど、
普通に旅行する分には使い辛いですから仕方ないですね・・・

あっ、日本円ホールドする人とかはそっちが最強かw

自分は精々5,000ドルぐらいだったので、いつもトラベラーズチェックだったなー。


なーんて昔をちょっと懐かしんでみました。


10年後にはお金の準備の仕方って、どんな形になっているんでしょうね?


そしてLitchiは10年後も海外旅行とかしているのかどうか。
多分、年に1回ぐらいはしていると思うけど、その頃はどこに行っているんだろ?

まあ、先のことを考えても仕方ないので今を楽しむということで。




Twitterも使ってマース

Twitter







関連記事

テーマ : 旅情報を集めよう - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する