7月16日(木)その③ ~ 種まき

向かった先はビーチロード。

バービアで飲むかコンビニで酒を買うつもりだったけど、
その前に何か軽く食べたいのであたりを見回すと、
ちょうどチキンケバブの屋台があるのでそこにする。

60バーツ払ってケバブを受け取り歩いていると、
メガネをかけたバービア嬢に呼ばれるので適当に入店。

シンハーを頼んでケバブをアテに軽く一杯のつもり。


呼び込みバービア嬢が当然に隣に来るので、
お話ししながら食べて飲んでしていると、
この娘は顔がちっちゃくてかなりスリム。

顔立ちも好みの部類だしなかなか悪くない。

黒髪だし珍しくタトゥーもないので働いてどれぐらいか聞くと、
確かまだ1ヶ月もたっていないとのこと。

とりあえず一杯いいよー、とドリンクをつけておく。
120バーツとしれたものだし。

年齢は20歳と言っていた気がする。


肌もすべすべで話し方も明るい。

何気なく「今日はインソムニアに行くつもりなんだー」と言ったら、
「カード持っているから私を連れて行け!」
「ロングで2,000バーツでかまわない」
「朝まで一緒に楽しもうじゃないか」



実は昨日のうちに馴染みの女の子(ナオちゃん)に連絡していて、
今日はその女の子と遊ぶ予定だからせっかくだけどお断り。

ノリも良さそうだしもったないけど、先約があるので先約を優先。

明日もダメだけど3日目なら空いているので、また連絡することを伝えてLINEの交換。
とりあえずステッカーも適当にプレゼントしておく。


何度か「何で今日はダメなんだ?」と聞かれるので友達と会うからと濁しておく。


後は「私もケバブが食べたいから100バーツ寄こせ!」とカツアゲを受けたりw

まあ、次もあるからちょっとぐらいはいいかと100バーツ渡すと、
嬉しそうに外までケバブを買いに行く。

そしてお釣りの40バーツはきっちり胸元に収納しているw


自分はビール2本飲んで、嬢に2本ビール奢っていい感じなので会計。


ビアシンは60バーツでレディースドリンクは120バーツ。
それぞれ2杯づつなので360バーツなので400バーツ支払い、
お釣りの40バーツのうち硬貨の20バーツはチップで残して退店。

この時はこのバービア嬢と継続して会うかなー、と思っていたけど・・・


帰り際にコンビニで水、スミノフ、ポテチを買って部屋でスミノフを飲んで就寝。





Twitterも使ってマース

Twitter






関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する