7月19日(日)その⑥ ~ Litchiペイバーされるの巻

DUBAIさんと二人で向かった先はレインボー3(だったと思う)
レインボー3のチョイスは、単純にハルさんがいるからだけの理由。

ビアシンを頼んでからは嬢を呼ぶわけでもなく3人でお喋り。


しかし、あれだね。
見るだけならGOGOバーは絶対パタヤの方が自分は好き。

ポールを掴んで揺れてるネーチャンを見てもいっこも面白くない。


GOGOバーの楽しみ方なんて人それぞれだけど、
自分は音楽があって酒を飲みながらオネーチャンを見るのが好きなんで。

なのでバンコクでも比較的まともに踊る嬢が多くて音圧があると感じる、
クレイジーハウスに行っていた次第。

この時は一人だけまともに踊っている嬢がいたけど、
鏡を見ながら自分にうっとり系だったw


「今日は最後ですよね?ここで選ばないんですか?」
「帰りの飛行機が落ちる時に後悔しますよ?」



などとエグイことを言ってペイバーをけしかけるお二人w

たまにはズッコケなしできちんと帰らせて欲しいので、
ブログ的には面白くないけどLitchi動かず。


23時ぐらいにはタクシーに乗りたかったのでチェック。
ハルさんとはここでお別れ。

そしてLicthiはDUBAIさんのホテルにお持ち帰りされるw



ついにブログ読んでくださっている方と「アッー!」な関係に・・・




ではなくて単純にシャワーをお借りするために。

オネーチャンを連れ込んだらサラのバスタオルがないと困るだろうに、
そんなことは気にせずにシャワーを貸していただき感謝です。


「本当はオブでペイって、ショートずっぽし部屋でシャワーのつもりだったんですよねー」
ってのをお話しすると、「うー、失敗したっーーー!!」としきりに悔しがられましたw


名残惜しいけどここでお別れ。

スクンビット通りにて握手で「また会いましょう!」と再会の約束。


最後まで「なんかやらかして延泊しないんですか?」の言葉とともにw





Twitterも使ってマース

Twitter




関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する