2105年8月タイの爆発事件

平日にブログ書くことも少なくなったけど、ブログのタイトルを変えた途端に、
タイで結構な爆発事件が起こったので思ったことを簡単に。

ちなみにタイに詳しいわけでもないし、政治事情にも疎いので、
多分ピントがずれているところもあるかと思う。



昨日8月17日、仕事帰りにTwitterを見ていたら、フォローしているアカウントで、
「花火?雷?爆発?スゲー音がしたぞ、サイアム近辺から。」
ってのが流れてきたのが最初のきっかけ。

その後は爆破事件のツイートが続々と。


Facebookには現場のエグイ死体写真も流れてきて気分が悪くなってくる。
(タイ人はなぜか死体とかグロイ写真を好む傾向にある様子)


在住の方たちと現地にちょうど行っている友人の無事は確認できたので、
バンコクで唯一に知り合い程度のタイ人女性にLINEを久しぶりに送ると、
ある意味ちょっとハイになっていた。

「ありがとう!私は大丈夫だよ!」
「今日は外に出ていなくて良かったー」


単に旅行に行くだけの部外者だし、あんまり騒ぐ意味もないのでそのまま就寝。


そしたら本日8月18日の昼間も川で爆破事件が発生。
幸いにも二度目の爆破では被害者はなし。

それなりの厳戒態勢の中で二度目の爆破はちょっと驚いた。

タイは昨年のクーデター以降、軍事政権が続いている。
その政権のメンツを潰すような二度目の事件は覚悟を持っているというか、
未だ犯行声明を出していない犯人の強い意志があるような。

というか、一度目の爆破もよほどの覚悟がないと出来ない所業。

軍政になってから人権が大幅に制限されているであろうタイで、
捕まったらどんな目に合うか分からない状態の中、
政権のメンツ丸潰れの爆破事件ってなかなか恐ろしい。


ちなみに自分は当たり前だけどアンチテロリズム。

犯人がどんな意志を持って、どんな事情があって事件を起こしたか知らないけど、
こういった事件には普通に憎悪しか覚えない。


一刻も早く落ち着いて欲しいとは思うけど、
果たしてどんな幕引きになるのやら。


最後に被害に遭われた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


合掌。



pray for thai






【引用】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150818-00000081-mai-asia


<バンコクテロ>「タイは安全だったのに…」爆発が不安増幅

【バンコク平野光芳】タイの首都バンコク中心部で22人が死亡した爆弾テロから一夜明けた18日午後、現場から西南に約4キロ離れた観光名所で再び小規模な爆発が起きた。

 チャオプラヤ川に架かるタクシン橋近く。川船観光の発着地点となる船着き場がある。防犯カメラは噴水のように吹き上がる川水が降り注ぐ中を必死で逃げる人々を捉えていた。

 「橋の上から爆発物が落ちてきて、耳鳴りが残るほど大きな音がした。タイはこれまで安全な場所だったのに、これからどうなってしまうのか」。タクシン橋近くで働いているシンチャイ・スウェタマンさん(56)は不安そうな表情で話した。

 17日夜の爆発も、外国人観光客が終日訪れるヒンズー教寺院のエラワン廟(びょう)前で発生した。

 「多くの人々が泣き叫んでいた」。付近に居合わせた警備員のチャラーン・スリダさん(37)によると、突然大きな爆発音が聞こえ、その方向を見ると、廟に面するラチャプラソン交差点で1台のバイクが焼け焦げて骨組みだけとなり、3、4台が爆風で横倒しになっていた。バイクの運転手らが痛みを訴えて助けを求め、辺りには遺体が散らばっていた。

 現地メディアによると、廟の鉄柵の一部も爆風で吹き飛ばされていた。警察や救急車がひっきりなしに行き交い、新たな爆発の危険性があるとして警察は交差点を封鎖。警察官は「また爆発があるかもしれない。下がってくれ」と叫んだ。




関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する