2012年3月マカオ ~ 6日目(3/7水曜日)その①

指名してから20分ほど待つと経理に呼ばれ、下のズッポシ部屋に案内される。

今日の彼女は当然、外で会う時と違って濃いサウナメイク。
部屋に入ってくるなり抱きついてきてからキスの嵐。

いやー、メールで1時間やり取りした甲斐があったw

すぐにシャワーとかはなく、しばしこのまま色々と話し込む。
といってももう3年前のことだから内容は忘れたw

部屋で撮った動画(notハメ撮り)は残っているけど、「変態Litchi!」と叫んでいるものw

後、覚えているのは「さっき指名されていたね」と聞いたら、
彼女の答えは「没有」って答えだったこと。

覚えているというかメモ帳に書いていたw

こっちは別に気にしていないというか気にしても仕方ないことだけど、
彼女からしたら色恋でつないでいるつもりだからそう答えたんだろうと。


しばしコミュニケーションの後、一緒にシャワーを浴びにいく。
いつものようにマットプレイとかなく、普通に交代で体を洗うだけ。

ベットに移ってからも知っている限りの拙い普通語で話しをしたり。

一応、やることは当然やったけど覚えていないので多分普段通り。


これでしばらくマカオに来る予定もないし、
小天もさすがに三度もマカオに戻ってくることもないだろうと。

なのでこうやって会うのもこれが最後かもしれない。


そう思って持ち込んでいた余った中国元を渡したことは覚えている。

「お金ないの知っているから少ないけどこれ」


もう二度と会わない小姐相手に無駄なことしてますなw

まあ、こんなのは自己満足なんで・・・


十八サウナは当時から時短が横行していたと思うけど、時間いっぱいお付き合いいただき退店。

サウナを出たら3時近かったので早足でフェリー乗り場へ向かう。


当時、自分が使っていたSIMは3Gマカオで日本でメールは受信できても、
なぜだか送信はできないSIMだった。

なのでそれなりに考えてメールを送ってみたけど彼女からの返信はあっさりしたもの。

なんかケンカふっかけるみたいになってから、
彼女が理解できないのを承知で、英語のメッセージを複数投げつける。

それに対して「不明白」と2回返ってきたところで、
マカオのSIMがつながる範囲に出てしまう。

会いたかった小姐と会えたけど、結局は後味の悪さだけが残った結果となった。



Twitterも使ってマース

Twitter




関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する