タイの夜遊びにおける宗派対立

タイの夜遊び界では、とにかく数をこなして色々な嬢と遊ぶ「穴があったらツッコミたい派」と、
お気に入りの嬢が見つかれば、ひたすらその娘とだけ遊ぶ「純情一穴主義派」が、
血で血を洗う凄まじい宗派対立をくりひろげているのは皆さんご存知の通り。


いかん、こういう書き出しはキャラじゃないなw

ということで、ブログ名を変えたのだし、タイらしい(?)話しでも。


冒頭の書き出しは冗談にしても、ナイトライフ目的でタイに行っている人は、
概ねどちらかに分類されるかと思うけど違ってないよね?

長いので「ばら撒き派」「一穴主義」とでもしましょうか。

分類はしたけど大体みなさん、どちらの属性もお持ちの様子。

「ばら撒き派」であってもいわゆる「オキニ」的な存在がいる人も多いし、
「一穴主義」であっても普通にバタフライを繰り返している。

じゃあこの中間層がほとんどで、分類は意味ないじゃんとなるけど、
お会いした方と話しをしたり、はたまたネットで絡んでみたり、
もしくはブログを拝見する限りはどちらかに軸足は置いていると感じている。

極端にどちらかに振れていなくても、大体はどちらかの属性をお持ちかと。
(真ん中に線があって、その線に近い方に人数が多くて、離れれば少なくなるイメージ)


でお前はどうなのよ?どっちに分類されるの?


一穴主義に決まっているじゃないですかw



このブログを最初からお読みの奇特な方(失礼!)ならすぐに分かるし、
最近の旅行記でも昔ほどじゃないにしてもその傾向が色濃く出てる。

「一穴主義」はあんまりメリットがないので宗旨替えも考えたけど、
こういったものは生来の志向もあるのでなかなか簡単に変更もできず。

オスの本能でばら撒きたい欲求がないわけじゃないけど、
どちらかと言えば馴染みの女の子とマッタリしたい派(*´ω`)

タイに行けば少しはばら撒き行為(含む金銭w)もするので、
「ばら撒き派」の気持ちは一応理解しているつもり。


ただ「ばら撒き派」の人からしたら「一穴主義」の人間は、
イマイチ理解しきれないかなとも思ってる。

「所詮、金銭が介在している関係なのにアホくさくないかい」の気持ちなのかな?


ただ、そう思っていても普通の大人はそれを表には出さないもんだからねー。
中にはそれを人に投げてきて、人を不快にさせる人もいるけどw


まあ遊び方なんて100人いれば100通り。

「あの時やっぱこうしておけば良かった」と後悔するよりは、
やりたいように振る舞ってから「失敗したー!」の後悔を選ぶということで。




Twitterも使ってマース

Twitter





関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する