被験体はマドカちゃん ~ その②

被験体はマドカちゃん ~ その①の続き。


「とりあず明日から軽く動いてみます」

最初は難色を示してもそこはCEEさん、動くとなれば行動は素早い。
あっちは遅いのにさすがっす!(あっちは知らんけどw)


火曜日の朝に改めて条件を提示してみる。

①パタヤに行く体(テイ)にしてホテルに来る約束を取り付ける
(チップの金額まで約束できればなおよし)
②会うのは時間的に無理なので空約束で可
③情報はほぼない状態で接触
④納期は○月○○日
⑤マドカちゃんへのネタバレ禁止(←ばれたらヤバスw)
⑥Litchiと会う日で約束を取る(後日追加で指定した条件)


「了解です。お昼休みから動きます」とクールなCEEさん。

さすがに面倒くさいことお願いしちゃったなー、
とちょっとぴりと、本当にちょっぴりだけ反省したw


ただこの実験の懸念事項はマドカちゃんはCEEさんのことを、
Litchiの友達と認識しているかどうかというところ。

少しだけ二人はグループトークをしたので、普通に覚えている可能性はある。

Litchiの友達からメッセージが来たらマドカちゃんからこちらに知らせてくるかな?
と思っていたので、それならその時点で実験は終了のつもり。



CEEさんからはある程度進んでから進捗知らせてくれるのかな?とか思っていたら、
その日の15時ぐらいに一枚のスクショが送信されてくる。

なんじゃらほい?と見ると、CEEさんのチャットのトップ画面で、
縦三列に女の子が「Fine」と返しているのが並んでいるw

「トリプルFine、みんな元気で何よりですww」


クールな反応と違ってノリノリですやんw


最初は難色を示してもやるとなったら楽しむこの姿勢、
やっぱCEEさんにお願いして良かったと思えたw

おまけに相手はタイ、ミャンマー、ベトナムと国際色豊か、
どんだけ引き出し持ってんだとww


初日は特にこれ以外の動きはなく終了。

その日の夜にLINEをやり取りしている時に、マドカちゃんの反応が鈍いとあったので
「Fineだけだと厳しいですねぇ」と聞いてみると、

「いや、もう少しありましたよ」
「パタヤに行ったら会えるって送ると、いつ来るのみたいな内容ですよ」



もうこれだけで疑似寝取られ感がキュンキュンきましたわw


疑似恋愛に続く疑似寝取られがこんなに楽しいものだとわw

( ゚∀゚)o彡゚ スクショ!! スクショ!!と思うも、ドSなCEEさんはそのままLitchiを放置w

こうしてミッション初日は終了。


この時点でもマドカちゃんがCEEさんのことを、
Litchiの友達と認識しているかどうかは不明。

必要のないことだからグループトークのことは忘れてしまったか、
カスタマーの友達だろうが別におかまいなしなのかのどちらかだと思っていた。




Twitterも使ってマース

Twitter



関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する