被験体はマドカちゃん ~ その③

二日目の水曜日の朝、この企画の意図をCEEさんに軽くお伝えしてから、
ミッション2日目がスタート!


もうね、仕事中も楽しくて仕方なかったですわw

被験体(マドカちゃん)より何かメッセージが来るよりも、
CEEさんの進捗連絡を心待ちにするという本末転倒ぶりw

その日の夜にLitchiより追加のオーダーを発注。
「自分が会う予定の日を希望日に指定してもらえますか?」
「そこまでいかないです」
「全然返信がきませんねー」



ありゃ、あんまり既読スルーはしない嬢だけど、
やっぱ会ったことがない相手は厳しいのかな?

というかそもそもCEEさんのことを、Litchiの友達だとやはり認識しているのか?

「会話が出来てないので分からないですね」と淡々としたCEEさん。


ここでCEEさんよりトーク画面のスクショが送信される。
一気にテンションが上がったw

そこには「パタヤに行ったら会える?」に対して「いつ」とか、
「いつが休みなの?」に対して「仕事しているから休みがない」のやり取り。


あらー、ナンパだと思っているな。

「お手当を払うこと伝えると食いつきますよ」に対するCEEさんは男前だった。

「それをしたら本末転倒です」
「マネーの力はあくまでも最後の手段です!」



何、この弱小サッカークラブがビッククラブとカップ戦で対戦するような、
負けて当然だけど、精一杯戦ってジャイアントキリングを狙う姿勢!

ゴゴ嬢相手に金銭介在させないことを狙うとか無謀過ぎるw

とりあえず追撃はしてみると、自分とやり取りしながら追加メッセージで爆撃するCEEさん。
即既読にはなっているので、これで返事がなければ厳しいと冷静な言葉。

既読スルーが続いて心が折れそうとぼやくCEEさん。
「明日の朝までに返事がなかったらアウトと思って下さい」とどこまでも冷静。

マネーが介在しないと返信期待できないよなー、と思っていたら追撃を続けていた様子で、
「返信きた!」の実況でLitchiのテンションもMAXにw

「Thank」とかの短い内容だったけど、既読スルーが続いてもめげずに頑張った結果!


この後はLitchiと会う日付にパタヤに行くとか、色々と被せてメッセージを送ってみるも、
以降は被験体に反応なし。

お互い徐々にテンションも下がって、こうしてミッション2日目は終了する。





Twitterも使ってマース

Twitter


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する