9月20日(日)その6 ~ 鼻毛が出ている嬢に欲情できますか?

ソイ6に戻ってからバーの名前は忘れたけど、コスプレっぽい格好している嬢がいるバーへ。

イヤ、上手くいけばコスを脱がさずにと思ってw


カウンターに案内されるので座ってビアシンを注文。

とりあえず嬢がついてくれるけど、ヒゲが薄っすら見える嬢w
まあ、これは許容できるけど鼻毛が出てるやん・・・orz

さすがに鼻毛が出ている嬢には欲情しない。


よってカウンターの中のママさんと主にお話しすることに。

聞き取りやすい英語を話してくれたので、比較的色々な話しをしたけど、
途中から酔っぱらっていたのであんまり何を話したか覚えていないw

覚えているのはなんか雪の話しになった時のこと。

「日本は四季があるからねー」
「春、夏、秋、冬」
「タイは3つの季節しかないもんねー」
「暑い、とても暑い、無茶苦茶暑いの3つだけw」



Licthiの拙い英語で喋る内容なんて、こんなくだらないことがほとんどだw


嬢とサービスには1杯だけ奢って、ママさんに2~3杯奢ったような記憶が。

他の女の子を呼んでみてから上の部屋に行くことも考えたけど、
ビール3本も飲めば寝不足が効いてきて眠気が襲ってくる。

適当なところでチェックビン、多分1200~1300バーツだったような・・・

ホテルに戻ってお昼寝というか夕寝を決め込むことに。


ソイ6からソイ7までは距離があるのでソンテウに乗って移動。


バーにいる時だったか、ソンテウに乗っている時にマドカちゃんへ連絡。

今日は彼女の同居しているシスター(※)とムーカタを食べに行く約束。
ムーカタ食べたいと日本にいる時から伝えていた。

その時にマドカちゃんから「シスターも一緒でいい?」と聞かれ、
彼女のシスターに会ってみたかったので二つ返事で了承。

(※)タイ人が言うシスターで本当の姉妹ではない

会う約束は20時としておき後で連絡することを伝える。


やれやれと思ってホテルに戻ったらマドカちゃんより所在確認の着信がきていたw

ソイ6でブンブンしてなくて良かったよ(´・ω・`)
取りあえず折り返し電話してから身の潔白(?)を証明。

話した内容は酔っていたので覚えていないw


これから寝ることを伝えておいてから、ベットにダイブして爆睡する。





ブログランキングに参加してます!
1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
ちょっとだけ上がりました(・∀・)
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Twitterも使ってマース

Twitter


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する