9月21日(月)その1 ~ ゴーゴー嬢の社会や政治に対する想いの一端

しばらくはウィッグが欲しいとか言っていたので、
明日買いに行こうとかそんな話しをしていた。

そこから訪タイ前の週の豪雨の話しになる。

「あんな大雨初めてだったよ!」
「4日間仕事に行けなかった」


彼女が住んでいるコンドもかなり水がきた様子。

「バーは1日休みだったけど後は営業していたんだー」
「水がすごくて出勤できないのに給料をカットされて最悪 (´・ω・`)」


ここで金をせびられるのかと警戒したけど、単に世間話の一環なのでほっとした。

欠勤すると確か1日800バーツカットと言っていたかな?
出勤できないのに仕方ないよねーみたいない感じだった。


ここから本当、色々な話しをした。



1時間以上に渡って話しをしていたので全部は書けないけどこんな感じ。

彼女のシスターのこととか今の生活状況。
短期的な今後の身の振り方。

そしてタイの政治や社会に対する不満っぽいこと。


「今は軍がタイを見てるんだよね」
「でも軍が見るようになってから色々とおかしいよ!」
「キングが見ている時はこんなことなかったのに」


8月にあったバンコクの爆弾事件も、キングが元気ならそんなことはなかっただろうと。

キングは高齢だし病気なので不安だみたいなニュアンスで喋っていた。

タイの一般人の王室に関する感覚はこれが普通なんだろうなー。


そして話しは日本出国時か入国時だかに、拳銃の不法所持で捕まった、
タイ警察の要人の話しになった時のこと。

「日本はグッドだと思う」
「だってタイならお金を払って終了だよ!」

「日本の法律は厳しいからね、お金を払っても許されないから」
「それがいいと思う」


リップサービスもあるだろうけど、日本はグッドだと何回も繰り返していた。

変わりにタイと違ってガチガチの社会体制でサービス要求レベルも高く、
働く方からしたらたまったもんじゃないストレス社会だけどw



話しは変わってタクシン(国外に亡命した元首相)の話しになった時のこと。

マドカちゃんもご多聞漏れず出身地はゴーゴー嬢の名産地、イサーン地方の出身。
なのでタクシン支持なのかと思いきや、そうじゃなかったのが意外。

「タクシンは農村にスモールマネーを配ってるだけ」
「そして自分はビックマネーを稼いでいたから嫌い」
「本当にタイのことを好きならもっと違うはずだよ!」



ここでスマホでタイ語に翻訳した「階級社会」を見せたら激しく同意していた。
お金持ちはずっとお金持ちで、貧乏人はずっと貧乏人のまま。

厳しい言い方だけどマドカちゃんはゴーゴー嬢をやってる層なので、
社会的には最下層に位置する。

例えそれなりに高給を稼いでいても、中流のタイ人からは蔑まれる層。

まあその最下層相手に嬉々として会いに行ってるのがLitchiですけどねw


自分は単なる外国人の買春旅行客で、この国に対して何の責任もない立場。
余計な茶々を入れる必要はないし彼女もそれを望んでいるわけじゃない。

黙って話しを聞くことしかできなかった。


ホテルの部屋に女の子を連れ込んだら、イチャイチャしながら一発やって、
適当に「ナーラック」とか言って相手をおだてるのもいいけど、
たまにはこういう話しをするのも悪くないかなーと思った。


毎回こんな話しされたらイヤだけどw




ブログランキングに参加してます!
1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Twitterも使ってマース

Twitter

関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する