9月21日(月)その3 ~ おっ買い物~~♪

前日に寝たのは3時とかだったと思うけど、目が覚めたのは確か9時から10時の間。

マドカちゃんはちゃっちゃと着替えて外出準備万端!

ソウデスカ、朝のお勤めはナシデスカ・・・ (´;ω;`)


もちろん求めれば応えてくれるかもしれないけど、
そういう時はカチカチの冷凍マグロなのであきらめておく。

こちらもシャワーを浴びて荷物をまとめてチェックアウト準備。

この時にチップ3000バーツもお支払い。


部屋を出てから自分だけフロントに立ち寄りチェックアウト。
この時にデポジットの500バーツを返却してくれるけど、
割ってしまった灰皿代としてきっちり60バーツ徴収されたw


この後ウィッグ買いに行く約束だけど、シスターと一緒にご飯食べに行ってから、
部屋においでよみたいなことを言われていた。

なのでフロントで荷物を預けてる時のこと。
荷物は何時ぐらいに取りに来ますかと聞かれる。

当初は朝にお別れしてから、昼過ぎにバンコクに移動するつもりだったけど、
部屋に立ち寄るならちょっと時間に余裕を持っておいた方がいいだろうと。

とりあえずバンコクに戻るギリギリの時間、16時と伝えておいてから預ける。


その後はホテルの外にいた彼女に合流。

「あれ?荷物どうしたの?私のコンドに置いておけばいいのに」


そんな面倒くさいことできるかw

一緒にウィッグを買いに行く約束だったから、
スーツケース持ってうろうろしたくない。

そんなことを説明するのも面倒なので、ホテルに預けたことを伝えておく。


その辺にいたモタサイ2台に分乗してから向かった先は、
昨日のネイルと同じサウスパタヤロードのウィッグ屋さん。
2015年9月パタヤウィッグ屋


モタサイの運転手を待たせているから、多分10分ぐらいかな?と思ったら、
選んでいるうちに本気スイッチが入ったらしくて、
「モタサイの運転手にお金払って帰しておいて」と。

10分以上待たせていたから、結構するかなと思いきや120バーツで済んでヤレヤレ。


後は昨日と同じく「Licthiはどのウィッグが好きかなー?」


だからもーえーっちゅーねんw




それでも一応リクエストは伝えましたよ!
金髪っぽいケバイ巻き髪のウィッグを!
そして全く違う黒髪のウィッグをチョイスしてましたわ!

ここでも1時間以上、あれでもないこれでもないと悩んでいたので、
途中で飽きてきた頃にCEEさんから連絡が入る。

「早起きですねー、今は一緒にウィッグ買いに来てますよ」
「それは私をシカトし続けた女の子とですかww」


イヤ、本当にくだらないことにお付き合いいただきスイマセンでした・・・


結局ウィッグとウィッグをつける時に髪をまとめるネットをお買い上げ。

合わせて1,199バーツだから思ったよりは安かった。


時刻は11時過ぎなのでパタヤにもいつまでもいられない!
昼飯食ってさっさと移動するかと思っていたら、
どこかの地下に手を引っ張られて連行される('A`)

何かと思えばヘアバンドが欲しいみたい。

そしてここでも選ばせようとするというw

結局ここでも自分の好みの品をチョイスしてから、
会計だけ当然わたくしめでございます。

159バーツとしれたものだったけど、本当こういう露骨なタカリはほどほどにして欲しいw


さあ、これで買い物ツアーは終わりかと思っていたけど・・・






ブログランキングに参加してます!
1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Twitterも使ってマース

Twitter
関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する