9月23日(水)その2 ~ 満足なラストナイト

1時過ぎに入店するとそれなりの客入り。

テーブルに案内されてからは4人でかんぱーい。
2015年9月バンコクNext7で乾杯


最初は男性DJなので飛ばすには早いと思ってセーブしながらチビチビと。

友達嬢は踊るのが好きなのかダイナミックボディーを駆使して、
こちらを意識して挑発するような踊り方。

ただ、Litchiは酒が入らないと密着できないシャイなあんちくしょうなので、
最初は本当控えめにコミュニケーションを取っていた。


そんな中、トイレに行ったCEEさんが「なんかトイレが変なんですけど・・・」と困惑顔。


それなりに飲んでいたので自分も用を足すためにトイレに行くと、
そこには狭いスペースに10人以上がギュウギュウに入っている。

ファランとかは小用を足すために並んでいたので自分もそれに倣(なら)っておく。


やがて個室のドアが開いたのでチラッと見ると、そこには5~6人の男たち。

最初は誰かボコっているのかとビビったけど、
まあ単に怪しいケミカル系なだけの様子。

それなら安心、悠々と用を足してからテーブルに戻る。

ちなみにトイレは始終そんな感じだったなー。



多分、2時30分前後にようやくお目当てのROXYが登場。

彼女が登場してからハコ全体が熱気を帯びてきて、
それに合わせて自分達も酒が進んでいく。


ようやくLitchiも友達嬢とベタベタし出して、抱きつきーのキスしまくりーの。

軽く半勃起も当然するわけでw


4時にはチェックアウトしたいので、時間を見計らいながら友達嬢に、
「空港行かなきゃならないけど、最後に部屋まで来ない?」と伝える。

本当は閉店まで遊びたいけど、さすがに日本に帰れないのはマズイので、
泣く泣く帰ることを友達嬢に切り出した次第。

まあ、当たり前だけど友達嬢は部屋に来てくれますわね。


特にいくら払うとか交渉はせずに、CEEさんにお別れを告げて友達嬢とホテルへ。


部屋に戻ってからは交代でシャワー。

明るい部屋でそのままブンブン開始!


タイの女性にしては胸が大きいなーと思っていたけど、
推定でDかEぐらいはあるおっぱい星人がそれなりに満足するボリューム。

これでシリコンなしはちょっと珍しい。


ただ、残念なことにLicthiはロリコン野郎なわけでw


『猫に小判、Litchiに巨乳』


わたくしにとっては、全くありがたみがないのです(・∀・)



最初は上になってもらってキスからスタート。

耳たぶ舐めとか乳首舐めとか、出稼ぎ先で英語と一緒に身に着けたテクはかなりのもの。


尺に移行してからも玉裏を丁寧に舐めてから、竿はじらすと基本ムーブは問題なし。

このままいくらでもサービスしてくれそうだったけど、
フライトの時間もあるのでやむなく攻守交替。

適当に愛撫してからゴムをつけてインサート。

大して締るわけでもないけど、それなりの艶っぽい声は出してくれる。

酔っててだるいので上になってもらってから、お任せ状態で頑張っていただくと、
やがてこみ上げてくるのでそのままフィニッシュ。

事後はゆっくりすることもなくフライトの時刻が迫っていることを伝え、
とっととシャワーを浴びるように促す。


着替えた友達嬢に2,000バーツ渡すと、適正価格なのか特に不満もなく終了。

下まで見送る訳でもなくそのままバイバイ。


全く継続することを期待しないブンブン。

あんまり自分らしくもないけど、たまにはこういうのも有りかな?


後は現実が待つ国への帰国準備をするだけとなる。




ブログランキングに参加してます!
1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Twitterも使ってマース

Twitter




関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する