マドカちゃんを攻略せよ!~その2<その山は高く険しい>

協力者はじっくり準備してから挑むタイプらしくて、しばらくは動きがなかった。

色々ときちんと設定を行って、ボロが出ないように準備。

<協力者のプロフィール>
韓国人で父の貿易会社を手伝っている。
年齢は23歳でイケメン(当然、プロフィール写真もイケメン)
仕事で時々、タイに行っているけどバンコクオンリー。
パタヤには行ったことがない。



そして11月のとある日、ついに初弾を相手に打ち込む!


「ハロー、突然ごめんねー」
「ウリは韓国人ニダ!<丶`∀´>」
「時々、バンコクで仕事しているんだー」



この初弾を受けてのマドカちゃんは・・・・



当然にガン無視だぉ( ^ω^)



ネットではリアル以上に女性の方が圧倒的に有利だから、
まあ反応がなくてもこれは当然っちゃ当然。




そこで数日後に二の矢を放つ協力者!

「度々ごめんねー」
「今月タイに行くんだけど、パタヤって所に初めて行こうと思うんだー」
「なのでガイドを探しているんだけど」



この二の矢を受けてのマドカちゃんは・・・・



やっぱりガン無視だぉ( ^ω^)



全くの無反応にいきなりくじけるDUBAIさん。

Twitterより
DUBAIさん「この山はエベレスト並みに高い事を実感しておりますわ!」
Licthiさん「CEEさんは心を折られましたからwこの感じだとポスト一本分ですなー。」
DUBAIさん「心折れそうですが、まだギリで折れてません。」
CEEさん「なんの事ですかな?www」



まあ、この時はまだ全然これから!って思っていた。


それから数日経過した時の事。

「全く返信なくて心折れそうです。もうちょっと待ちますけど」


ネット上でのマドカちゃんはある程度推測混じりだけど人気があるから、
色々な男性からメッセージをよく受け取っている様子。

なのでどんどんとメッセージを送る必要があるけど、
DUBAIさんは既に手づまりな感じ。

Litchiがヘルプしようにも、ちょうど忙しくてなかなかそれも叶わず。


当たり前だけどパタヤに他の地域から来た嬢はお金を稼ぎにきているから、
そこをつっついてみるしかないかなーっと。

とにかくどんな手段でも返信を取らないことには話しが進まない。


そこでLitchiなりに考えた文面をDUBAIさんに提供。

「この文面いただきます、悪あがきしてみますわ!」


三の矢はLicthiの考えた文章でプッシュすることに。


さあ、Litchiの考えた文面とは?



次回のポストは「凄いよLitchiさん(・∀・)」でお届けしまーす(んなわきゃーないw)





ブログランキングに参加してます!
1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する