マドカちゃんを攻略せよ!~その4<DUBAIさんぱねぇっす>

ちょっと間が空いてしまったけど「マドカちゃんを攻略せよ!」を再開。

内容を忘れた方もいらっしゃるかもなのでリンクを貼っておきます。

マドカちゃんを攻略せよ!~その1<プロローグ>

マドカちゃんを攻略せよ!~その2<その山は高く険しい>

マドカちゃんを攻略せよ!~その3<スゴイよLitchiさん(・∀・)>



いくら全く会う予定がない空約束とはいえ、メッセージにはその人の普段が色濃く表れる。
散財一門番号1番のDUBAIさんが送ったメッセージは以下の通り。


「今月の24日から29日まではタイにいるよ」
「パタヤには24日から26日の予定」
「ヒルトンパタヤに2泊するけど、ガイドとかしてもらえる?」
「そうだねー、ガイド料は1日5,000バーツでどう?」



何ですか、そのガイド料金はw



多分、DUBAIさんは素でもガイド料金にこれぐらい払うってことですね(・∀・)
散財一門、ぱねぇ・・・・


この時は失礼ながら思わずLINEで以下のメッセージ。

「ガイドだけで5,000バーツ!?信用しますかね?」
「ホテルでセックス込みならありでしょうけど」




これに対しするマドカちゃんの回答はこんな感じだった。

「ガイドは出来ないなー」
「だってパタヤには3ヶ月しか住んでないから」
「パタヤのこと知らないし」
「新しいガイドを探していいよ」



あなたは去年からパタヤ住んでるでしょうw



ここはLitchi予想だけど、金銭授受が発生するなら会うのは問題ない。
ただ、一緒にどこかに行くのは面倒くさいってことだと思う。

というかイケメン写真に対してもその対応なのねw

とりあえず飯にでも行こうの作戦に方針転換。


「ガイド無理なのは問題ないよ」
「でもパタヤでは一人なんだ」
「晩御飯とかなら一緒に行ける」


うん、これなら不自然じゃないな。


「行けるよ」
「でも私にお金を払える」
「バーで働いているから休めないんだ」



カミングアウト早いよw


「お金の要求きましたね」
「いくら欲しいか聞いてみます」

「多分3,000だと思いますよ」


メッセージを送信。


「へー、バーで働いているんだ」
「いいよー、払うのは問題ないよ」
「いくら払ったらいいの?」


「3,000」



Litchiさんどんぴしゃw



この時にLitchiは何をしていたかというと、ミッションを側面から支援してました(・∀・)





ブログランキングに参加してます!
1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Twitterも使ってマース

Twitter



関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する