マドカちゃんと交渉せよ!その2 ~ 強欲は七つの大罪のうちの一つ

12月8日(火)に仕事もせずに考えてみたw

送金は絶対にしたくない。
じゃあ、タイで直接お金を渡すように誰かにお願いしようかと。

これなら次に頼まれても、「友人は直近で誰もタイに行かない」と断れるか。

多分、考えが浅すぎで穴ぼこがありそうだけどw



最初はハルさんにでもお願いしてから、週末にでも様子を見に行っていただこうかと思った。

でも、さすがに毎回タイに行く度に助けていただいているのに、
今度は日本からそんなお願い出来ないからこの考えは却下。


ちょうど友人が週末にタイに行くので、その方に恥を忍んでお願いすることに。

「断っていただいて全然かまいませんが、お願いがございまして」
「週末、パタヤに行ってからマドカちゃんに会ってもらえませんか?」
「金額はこれから聞きますけどお金を渡して欲しいのですが」

無理かな?と思ったけど、嬉しいことにご快諾をいただけた。

遊びに行くのにそんなことに時間を割いていただき申し訳ない。


ちょっとした金額でも、困窮している今なら役には立つだろう。

「日本からは送金はできないけど、今回だけは助けてあげたいと思っている」
「今週末まで待てる?」


LINEでメッセージを送るもしばらく既読にならず。

出しても3,000バーツぐらい。
当座の生活費と病院代と信じて、これぐらいあればいいかなと。

19時40分ぐらいに返信があってやり取りを開始。

「ありがとう」
「今ちょっと時間ある?」
「うん」
「病気(体調不良)で仕事できないんだよね」
「うん」
「お金が必要だと思うけど週末まで待てる?」
「うん!」
「日本からは送金は出来ないよ、彼氏でもなんでもないから」
「部屋代も払わないといけないし、家族にもお金がいるし、ご飯代もない」

いっぺんに言い過ぎやw

「知ってる」
「いくら必要なの」

これまで即レスだったのが2分止まりましたw


マドカちゃんがLitchiから一生懸命いくら引っ張れるか考えているのかと思うと、
なんかこのあたりからワクワクしてきたw


「前(日曜日)は2,000って言っていたけど」
「前はそうだったけど今は違うの」

2日間で状況が激変した様子ですww

「いくらなの」



「10,000」



お茶吹いたわwww



いくらなんでも何にもせずに10,000って強欲過ぎるだろw

さあ、ここからどうやって交渉しようかと楽しくて仕方なかった。


目標としては今回払う金額を5,000辺りまで下げてから、
かつ次回から一晩3,000だったのを2,000、
可能なら1,500払うようにディスカウントしたい。


一応ね、最初は疑いながらもちょっとだけなら捨てたつもりで渡そうと思ったわけですよ。

Litchiは猜疑心が強いけど、このあたりは意外と適当というかお人好し。
これが3,000ぐらいなら条件付きででオッケーと答えたと思う。



それを強欲な姿勢を見せられた瞬間に、ゲームにしか捉えれなくなってきたw


「長い間、1ヶ月ぐらい働いていないの」

あんた俺がパタヤ行った日(11月24日)、仕事や言ってたやんw



ちなみにLitchiは年齢の割には記憶力がいい方です(・∀・)


まずはしおらしく。

「10,000も払ったら、次会った時にはもうお金を渡せないよ・・・」
「ごめんね」


「分かった」
「でも本当に仕事が出来ないの」

「信じているし心配しているよ」

「ありがとう」

「どれぐらい働いていないの」

「確かじゃないの」
「病気でよく分からない」


この辺りから怪しくなってきましたw

「ちょっと考えさせて、でも本当に心配しているよ」
「今回は本当に助けてあげたい」
「送金はしないって言っているのに頼んでくるぐらいだし」


「ありがとう」

「今月は両親とマカオに行くの知ってるよね?」
「全部自分で出さなきゃいけないし・・・・」


「うん、分かってる」
「でも本当にお金がないの」


「ちょっと待ってね考えるから」
「でも10,000はどうやっても渡せないよ」



この後、強欲なマドカちゃんは突拍子もないことを言ってから、
それを交渉材料にしてきたw


スイマセン、本当はもうちょっと書きたいけど睡魔に勝てませんzzzz




1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter




関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

No title

別にいいのに・・・って書こうとしたら、金額見て吹いたwww
草も生えますわwwwwww

Re: No title

ハルさん

パタヤに戻られるついでかもしれませんけど、
やっぱ時間を使っていただくのはねー。

後はハルさんだと『あの友達に頼めないのか?』と、
次回からも要求されるリスクがありますし。


しかしチャット状態で即レスだったのが、
金額聞いた瞬間に止まったのは笑いましたw



> 別にいいのに・・・って書こうとしたら、金額見て吹いたwww
> 草も生えますわwwwwww
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する