11月22日(日)その4 ~ お邪魔しますポイペト

12時と時刻通りに出発し、バスは一路東にひた走る。

ここで失敗したのが本もポータブル充電器も持ち込まなかったこと。

スマホの充電もできないのであまり使うわけにはいかず、
車中は退屈で仕方がなかった。

普段は機内モードにしておいてから、必要な時だけ機内モードを解除してから、
Twitterを見たりグーグルマップで現在地を確認していた。


最初の休憩所は12時40分ぐらい。
2015年11月アランヤプラテートの途中の休憩所


この後もバスステーションみたない所に停車して乗客が乗ったり降りたり、
そこが休憩ポイントになっていた。

確か5か所ぐらいに立ち寄ったかなー?


途中で一服したり用を足したり、小腹が空いたら焼き鳥を頬張ったりと、
一応このバスの旅を自分なりに楽しんでみた。

安物スニーカー履いていたら裏が剥がれたのでこんなの買ったり。
2015年11月アロンアルファ購入



道が良くないので途中でよく揺れたけど、
その揺れが逆に睡眠を誘ってちょいちょいうたた寝も。

間でグーグルマップで現在地と出発から現在までの時間を元に計算した結果、
アランヤプラテートに到着するのは18時ぐらいと推測。

4時間ぐらいとのネット情報はまた別のバスの話しだった様子。

カジノバスだと3時間程度らしいから、よっぽどの物好き以外に、
このルートでの移動はお勧めしないw


17時を越えたところで軍人が一度チェックに乗り込んできたので、
もう国境は近くであろうと思うと、
待望のアランヤプラテートに到着したのは17時30分過ぎ。

バンコクとパタヤしか知らない自分には、
この国境の街は非常に刺激的に思えた。

荷物はあるけどゆっくりと写真でも撮影しながら出国しようかと思っていたら、
バスで一緒だった色白の女性より「カンボジアまで行くの?」と英語で話しかけられる。

その旨であることを伝えると、じゃあこの人と一緒に行きましょうかと言われた先には、
いかにも客引きの風体をしたタイ人男性。

うさんくさいと思いつつも、どこがイミグレかも分からないので、
そのまま二人に着いていってみることにする。

少なくとも女性はまともそうだったので。


人混みの中の通り抜けながら少しだけ会話。

「カンボジアは何回目?」
「初めてだよ」
「どこに行くの?」
「ポイペトでカジノだけかなー」



日本人訛りの英語だったので聞くとやはり日本人。
日本語に切り替えてから会話を続ける。

「この男の人は何が目的なんですかね?」
「さあ?ビザの取得代行業者かタクシーだと思いますよ」


なんか鷹揚とした女性だなー。
カンボジアに住んでいるらしくてタイからカンボジアに戻るところとのこと。


「ここの二階ですよ」と言われた建物の二階でタイ出国。

先客ゼロのため待ち時間なしで出国完了。


橋を渡ればそこはカンボジア。

タイとも違った雰囲気に不思議と気分は高揚してくる。


タイ出国日とカンボジア入国日を、合わせておいた方がいいと事前に教えていただいていたので、
カジノを横目に見ながらカンボジアへの入国手続きを済ませに向かう。

自分の国境のイメージは入国するイミグレを通り抜けて通関を受けないと、
自由に動けないイメージだったけど、この街はタイ出国を済ませばそれで終了。

イミグレがどこかも分からないでの女性にくっついて行ってみる。

道なりに歩いて行くとすぐにカジノ同士をつないだ建物が出てくる。
2015年11月ポイペト入国事務所への道

その下を潜り抜けると
2015年11月ポイペト入国事務所へもうすぐ

すぐ右手に緑の看板がある掘っ立て小屋が入国手続きをする場所。
2015年11月ポイペト入国事務所

最接近して撮影してもこれが限度(当然撮影禁止なので)
2015年11月ポイペト入国事務所の看板


※写真はいずれも11月24日に撮影。


ここも先客はゼロ。

カンボジアの出入国カードをもらうも、見慣れない書式なので戸惑う。
一部、意味が分からないところがあったので、
そこは空欄にしておき後で係官から指摘してもらおうかと。

記入を終えたカードとパスポートを提出すると、
特に空白箇所の指摘もなくスタンプを押される。

また事前に聞いていた指紋採取も何故かされなかった。


カンボジアに住んでいて、タイから戻る女性とはとはここでお別れ。

この女性と一緒だったので出入国は特に苦労せずに終了。
代わりに写真が一枚も撮れなかったけどw


自分は歩いて来た道を引き返して、事前に決めておいたカジノホテルへと向かう。





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter




関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する