11月22日(日)その5 ~ ポイペト初夜 

女性と別れて向かった先は、カンボジアに入ってすぐ右手にある「ホリディパレス」。
2015年11月ポイペトカジノホリディパレス

※2015年11月24日に撮影


事前情報があったのでここにした次第。

敷地を奥に進んでいくとカジノの入口があるので、
そこで空港の保安検査場にあるのと同じ機械にスーツケースを通す。

左手がカジノレセプションらしく、拙い英語でプロモーション内容を聞いてみる。


事前情報では一番安いプログラムでも25,000バーツとのことだったが、
それは週末の金曜と土曜のみで日曜から木曜は15,000バーツでオッケー。

色々と種類があってこんな感じだった。
※一番左が月~木のプロモーションで左から二番目が金~土のプロモーション。
※左から三番目が月~木、一番右が金~土での現金での宿泊価格。
2015年11月ポイペト宿泊料金表


15,000バーツのノンネゴチップ(以下NN)を購入すると、
一部屋を一晩と食事が2食付きとのこと。

【ノンネゴチップとは】
カジノやらない方に向けて知っている範囲での説明をば。
プロモーションでよく使われる換金できないチップ。
換金できないので使い切るしかないわけです。

別に使い切るといっても全部負けるわけでもない。
勝てば同額の換金できるキャッシュチップ(以下CC)が配当されるので、
勝ったり負けたりしていればそれなりのチップが手元にきます。

ざっくり計算だけど15,000バーツなら期待値的には1,500バーツほど負ける計算。
(勝率50%で配当が2倍のゲーム、控除率5%と仮定)

もちろん確率によっては勝てる場合もある。


ノンネゴチップと部屋の鍵、ミールクーポンを受け取り部屋に案内してもらう。

案内してくれたベルに20バーツをチップしておき部屋の様子を確認。
2015年11月ポイペト一番安い部屋


安宿クラスと聞いていたけど、マカオの東亜酒店よりはマシ。
このレベルなら自分は十分滞在できるレベル。

カジノホテルなのでぼろく見えてもセーフティボックスはこの通り。
2015年11月ポイペトセーフティボックス


荷物をほどいてからしばし部屋で移動の疲れを癒す。

だって朝10時にチェックアウトした時間を起点とすると9時間だから、
ジジイの体には移動だけで応えるw


こうしてカジノに向かったのは20時過ぎ。

このノンネゴを消化する必要がある。
2015年11月ポイペトノンネゴとミールクーポン


まずはカジノ内を簡単に偵察。


バカラが圧倒的に主流でブラックジャックは一台、
カリビアンスタッドポーカーが2~3台程度。
ルーレットや大小もあるけどおまけ程度。

ルーレットはゼロが一つのヨーロピアンスタイルで好感が持てる。

特筆すべきはパイガオポーカーが3台もある!
生憎、満席でプレイはできないけどこの滞在で一度は遊びたい。

ハイリミットエリアは興味もないのでスルー。


バカラは200、300、500がミニマムの台で庶民には優しい。


まずはバカラと思ってミニマム200のバカラへ。
バイインはNN5,000と慎ましく。


口明けだったのでシャッフルからスタートだったけど、
Kuniさんのブログにあったようにこの写真の機械(おもちゃ?)でシャッフル。
2015年11月おもちゃのシャッフルマシーン


びっくらこきましたわww
何かの冗談に思えたけどディーラーは真剣な顔でシャッフルを行う。


こうして今年1月以来のカジノゲームは、Litchiの失笑ともに始まった。



1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter



関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する