11月23日(月)その2 ~ いつものパターン

18時25分に目覚めてからようやくカジノでプレイ。
20,000バーツのノンネゴだけど、2時間もプレイすると全て消化可能。

まずはブラックジャック。

キリいい数字(2000とか)のノンネゴがなくりそうになったら、ダブルとかスプリットが入るパターン。
(結構、この経験ある人は多いと思う)

その度に追加でノンネゴ消化していたら10,000バーツを無事に消化。

11,150バーツのキャッシュチップが手元に残った。


この後の選択肢はこのままノンネゴ消化をするか、それとも勝ちにこだわるプレイをするかとなる。

自分が選択したのは後者。


と、その前に食事をしてから腹を満たすことに。
20時30分までがディーナーの内容なので、19時30分過ぎには適当にチョイス。
2015年11月ポイペト2日目バフェ夕食その1

貝はまだ食べれたけど後はダメ。

ならばとカレー。
2015年11月ポイペト2日目バフェ夕食その2

正直、どれも自分の口には合わなかった・・・

まあ、タダなので文句を言ったらバチが当たる。


腹を満たした後は部屋に戻って休息の後、ミニマム200のバカラでプレイ。


ここから先はアホ過ぎるので書きたくないけど、戒めのために記憶の限り書いておく。

確か5,000バーツのノンネゴ消化した時点ではちょっとマイナス程度。
ここで何を思ったか自信のある罫線だったので2000バーツベット。

ハズレ。

その後は少額ベットを外したのが続いたけど、ここぞでまた2000バーツベット。

ハズレ。


この時点でNNとCCとを合わせて、手元には5000バーツぐらいだったかな?

8回ぐらい連続で外しているのでもう止まらない。

最後は浮上を目指してプレイヤーへオールイン!


自分が絞ると絵札と7で悪くはない。
サンピンだったので点がつけ!と思いながら絞った。

ディーラーがめくったバンカーサイドは2枚合計で確か3。

そしてバンカーサイドの3枚目は無情にも5だとw

4で引き分け、5と6以外は勝ちなのに弱すぎる。
(2/13のうちの一つが3枚目に潜んでたわけです)

まあ、これってバカラあるある。
落ち目のオールインなんてろくなことが起こらない。


金額的には10,000バーツ負けで全然挽回可能かもしれないけど、
こういった時におかわりすると傷口が広がるのでこのまま手仕舞い。

ようやくこのブログらしい行動を起こしてみることにする。




1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter





関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する