11月24日(月)その1 ~ さよならポイペト

11月24日(火)、滞在4日目。

起きたのは8時とかだったと思う。
しばらくはTwitterを眺めたり部屋でゆっくりしてから、
出国手続きと食事のために外出する。


まずは入国手続きをした向かいの建物で出国手続き。
ちょっとだけ混んでいたけど10分もせずに完了。

その足で昨日と同じ屋台へ。

食べたのは昨日気になっていたこれ。
2015年11月ポイペトでカエル


鶏肉みたいな足は普通に美味かったけど、身はなんか詰めててイマイチだった。

ちなみにLitchiは偏食な方だけど、こういうのは意外に平気。
さすがにイサーンの虫とかは無理だけどw


一度部屋に戻ってから荷物を整えて再度外出する。


クラウンカジノの敷地内にあるカフェでカフェイン補給。
注文時に上手く伝わらなくて、80バーツのコーヒーを2杯飲むハメにw
2015年11月ポイペトでカフェ


ここはwifiが飛んでいるのでこの時にブログを更新したり、
今夜のパタヤでのホテル予約を行ったり。

【ポイペト通信事情】
自分が使っているタイのSIM(キャリアはAIS)は国境近くなら使えていた。
それがちょっとでもカンボジアに入るとローミングになって使えなかったので、
極力国境近くをウロウロしていたけど、それも昨日途中からダメになる。

よってポイペト再訪時には、このカフェはかなり重宝するかと。


11時30分頃にはホテルに戻ってからチェックアウト。
デポジット1000バーツをお返しいただき、2日間お世話になったホテルを後にする。

部屋はボロいけどプロモーションの敷居が低いので、またここにはお世話になるかなー?


カジノもオネーチャンも散々だったけど、もう再訪する気満々でございますw



スーツケースを転がしながらタイのイミグレに着いたのは11時50分頃。

そしてそこにはあり得ない行列が・・・
2015年11月ポイペトありえない行列



昔、マカオから珠海に入るのに1時間30分ほどかかったことがあるけど、
その記録は軽く更新するだろうと思われる混雑ぶり。

絶望的な気持ちで並んでみるが、最初は10分で10メートルも進まないぐらい。
ポータブル充電器があるとはいえ、スマホを使い過ぎて充電が切れる事態は避けたい。

なので並んでいる途中からは文庫本を読んで時間を潰す。

文庫本持参しておいたおかげで、かなり時間がかかったけど苦痛じゃなかった。
結局タイへの入国が完了したのは14時20分、所要時間2時間30分と記録更新。


人の流れに付いて行って税関もそのまま通過。


タイに戻ると、なぜだかほんのちょっとだけホッとした。
2015年11月アランヤプラテートに戻った時


普通はここでカジノバスを探してバンコクに戻るのだろうけど、
Litchiの場合はパタヤへ直行するダメ人間っぷりw

なのでいただいた地図に載ってるパタヤ行きバス乗り場に行ってみるが、
バンコク行きの時刻表があるがパタヤ行きは見つけられなかった。
2015年11月アランヤプラテートのバス時刻表


一応、売り場でパタヤ行きがあるが聞いてみるけど、
道路を挟んだロットゥー乗り場を指差される。

ロットゥー(※)はイヤだけど選択肢がないなら仕方がない。

(※)タイのミニバスみたいないやつ、運転が荒いので好きじゃない。


ロットゥー乗り場でパタヤに行きたいことを伝えると、
チェックするからちょっと待ってとのことで待機。
2015年11月アランヤプラテートのロットゥー乗り場


どこかに電話してから、折り返しの電話を待っている様子なので、その電話を待ってみる。

5分ほどして売り場の男性に言われたのは、
「パタヤ行きはないけど、○○行きならもう少し待てばいい」
「チョンブリーにある○○から乗り換えてパタヤに行ける」

(○○は地名だけど忘れた)


そんなスキルも根性もありませんw


タイ語も喋れない、地理もろくに分からない短期旅行者には無理w

ということで大人しくバンコク行きのバス乗り場に行ってから、
16時30分の空港行きを買ったのは15時ぐらいのこと。

金額は196バーツ。


モーチット行きなら15時30分発があったけど、
食事をアランヤプラテートで済ませておきたいのもあるし、
モーチットまで行ってからパタヤは遠いような気がして。

それなら空港で乗り換えた方が分かりやすいし。


カジノバスを待つ選択肢もあったけど、この時は乗り場がよく分からなかったのと、
ルンピニー公園まで行ったらちょうど夕方の帰宅ラッシュ。
(後で知ったけどルンピニー公園までは行かないらしい)

帰宅ラッシュの中、スーツケースを持ってエカマイ駅まで行きたくなかった。


時間がぽっかりと空いたので、食事ができる場所を探して炎天下の中を歩いてみる。





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter





関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する