11月24日(月)その3 ~ 中出しゴメンナサイ

滞在4日目、パタヤ初日の記録だけど実際は5日目の早朝まで。


空港からいつのも場所(パタヤ入って2つ目の降車場所)で降りてから、
モタサイに乗ってから本日の宿泊場所へ移動。

近くにいたモタサイに聞くと定番の100バーツなので、それで手を打ち移動する。

今回は毛色を変えてソイブッカオ近辺にしてみた。


今日の午前中にカンボジアにいる時にagodaで予約したのはココ!
2015年11月Hブティックホテルの外観
※写真は2015年11月25日撮影

当日予約しても朝食付きで3,962円とお値打ち価格。

部屋は狭いけど自分にとっては十分。
2015年11月Hブティックホテルの部屋


これまでソイブッカオはなぜか敬遠していたけど、今後は検討する余地はあるなー。


時間もいい時間なので、疲れた体にムチ打ってソンテウに乗って向かった先は
2015年11月パタヤ初日のWS


LKメトロが近くにあるけど、ソンテウに乗ってウォーキングストリートへ来てみた。

明日からは全てマドカちゃんをブッキング済み。
パタヤで自由時間は本日のみ、ディスコ的なところに行ってみたかったので。
(マドカちゃんはディスコ嫌い)


時間は23時30分頃なので、まずはゴーゴーバーで軽く飲むことに。

入った店はパレス。
奥に案内されてからドラフトビアーを飲みつつステージを見学。

嬢の数も質もまあまあかな?

最初に営業に来る嬢は全く好みじゃなかったので断り、
二人目に来た嬢を横に付けてしばしお話し。

番号は5番、名前はtanちゃんで22歳だか24歳だか言っていた。
(ブログの現地実況でそう書いていたので合っていると思う)

話した内容は「明日はロイクラトンだねー」とか他愛もない話しw

この後一人でインソムニアに行く気だし、ペイバーする気はさらさらない。
よってドリンクで稼いでいただくために、それなりにご馳走する。

といっても4~5杯ぐらいだったと思う。


Litchiは散財一門の会員番号8番を背負っているけど失格ですw



後は踊りに行った時にしっかり踊っていたので、100バーツをチップすること2回。

JAKさんのブログにしっかり踊っている嬢にチップすることで、
ちゃんとダンスしたら稼げることを認識してもらうってのがあって、
ゴーゴーでペイバーしないくせにこういうことはしっかりやってますw

まあ、焼け石に水でゴーゴーバーの置屋化は進んでいるんだろうけど、
バンコクはもう無理でもパタヤは置屋になって欲しくないなっと。

後は適当にサービスにゴチしたり、自分でも飲んでいたらいい感じ。


適当な時間でチェック、1290バーツと中途半端な金額。

1300バーツ払って10バーツチップなのか?
それは何か違うような気がしたので1320バーツ払って退店。

うん、ケチくさいことで悩んでいるねw


疲れた体に酒を入れていい感じで酔っぱらっていたので、
何を思ったかマドカちゃんが勤務しているゴーゴーバーに向かう。

何度か書いた記憶があるけど、最初に会った2月よりバーには来るなと言われていた。

それにも関わらず行ったのはしょーもない理由から。


バーに入ってビールを頼んで探してみるもいない。

LINEでメッセージを送るも既読にならないので、
多分ペイバーされて連れ出された後と判断。

ただ後日に分かった。

現地実況でも書いたけど、実際はここには勤めていなかった。

なぜか本人は絶対にいつまで勤務していたかをこちらに言わないけど、
7月の時点では勤務していなかったのは間違いない。

この時点ではバービアに勤務していて、送ったメッセージは2時間後に既読になった。
なのでショートで連れ出されていた様子。

そこから4時間以上、空白の時間はあったけど、
テキストでやり取りをしたけど面倒なのでそれは全部割愛w

まあ、大した内容じゃないっす。



マドカちゃんもいないしで、そろそろ今晩のお相手を探すためにと、
向かった先は馬鹿の一つ覚えでインソムニア。

他のディスコでもいいんだろうけど、勝手知ったるところが楽。


まずは2階をゆっくりと見て回るも、女性だけってのは少ないし、
女性だけのグループを発見してもイマイチ好みじゃない。

1階のi-barも同様でイマイチな感じ。


せっかくの自由時間なのにこりゃマズイと思って2階を再度徘徊すると、
中央あたりに全員カワイイという奇跡の3人組が!

いや、全員がカワイイってのは珍しい。

この身が一つなのが悔やまれる。


合流してから乾杯。
最初に話しかけた一番タイプな顔立ちの女の子に的を絞って話してみる。

名前はnannyちゃん、22歳で多分どっかのバーに勤務しているんだと思う。

おごって飲ませつつーの、自分でも飲みつつーのしていたらゲロ酔っぱらうw

1~2時間ほど楽しんだ後に「ホテルにおいでよ!」と誘って、
二人でディスコを後にする。

ただ店を出る時に金額交渉したら「Up to you」なのはいただけなかった。

まあ払っても3000バーツだけど、やっぱこういうのはキチンとしておきたい。


二人でモタイサに乗ってからホテルへ帰還。
ウォーキングストリートからソイブッカオまで150バーツ。

もちろん背中には嬢の乳トップを感じて戻ったやいw


ホテルのフロントを素通りしてから部屋へ。
シャワーを交代で浴びてからブンブン開始。

確か尺ってもらったのは覚えている。
そこから攻守交替して、存分に責めさせてもくれたいい女の子。

頃合いを見計らって正上位からスタート。

酔っているから全くイク気配なし。


上になってもらったり、後ろから責めたりと頑張ってみた。

その甲斐あって何とか無事にフィニッシュ。


と思ったらゴムが外れていて、まさかの中出し・・・orz


女の子もその事実に気がつき、何やら言いながらシャワールムに駆け込んでいた。


シャワーの間に自分は寝落ちしていて、体をゆすられて目覚めると、
そこには着替えて帰り支度を終えている女の子。

眠かったので2000バーツ渡して帰ってもらおうと思って、
財布をみると1000バーツ札が一枚もない。

この時は酔っていて気がつかなかったけど、多分女の子が抜いた様子。
(1000バーツ札が7枚あって、3枚は残っている計算だった)

この時は疑問に思わず、金庫を開けて2000バーツ渡してバイバイする。


ちなみにこの女の子の顔は一切覚えていないw

写真はシャワー姿の盗撮と、ムービーはハメ撮りがあったけど、
背面騎乗位なので顔が写っていない(・∀・)

なので次に会ってもお互い気がつない、一夜限りの関係で終了してしまった。

後腐れがないからいいのかもだけど、なんかイマイチ物足りないなー。
まあ、お金を抜いたのが事実ならこれでいいんだろうけどw


寝る前にマドカちゃんとエライ長いやり取りをLINEで行い、
全てが終わったのは5時21分w

おやすみのメッセージを送って酔いに任せて眠りに落ちる。




1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter





関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する