11月28日(土)その2 ~ ムーカタが好物です(・∀・)

11月28日(土)滞在8日目、パタヤには5日目。
明日が帰国日なので本日は実質の最終日。

新規で嬢を探したりするのもありかもしれないけど、
自分の選択は本日も馴染みの女の子と。


朝からしこたま飲んでから、寝たのは10時ぐらいで起床は12時30分とか。
当然、酒が残っているので軽く汗を流すために街歩き。

適当にブッカオあたりまで足を延ばして次回の下見をする。
毎回エイプリルスイーツじゃ芸がないし、次回はブッカオあたりも泊まる予定。
ソイハニーのエロいマッサージとかも軽く見ておいた(・∀・)

2016年はひょっとしたら2週間、環境によってはもうちょっと連続で休めるかもしれない。
そういった時にパタヤに滞在するなら、こういったところを検討したいねぇ。
2015年11月パタヤブッカオ安宿調査

1週間は3500バーツで1ヶ月なら8900バーツの表示。
こういうところに泊まって昼間からダラダラと酒飲んで、
何にすることがない自由を味わってみたい。

まあ、社畜している限りは夢だけど。


そのままセカンドロードまで出てからいつものマッサージ屋に入って、
今日はフット&ショルダーマッサージ。

うつ伏せになってしばし極楽を味わう。


マッサージの後は昨日パクチー食べてダメだった店まで向かう。
その心はこれを食べるため。
2015年11月パタヤいつものオムレツ

安定のオムレツご飯ですw

昨日、パクチーだらけの何かを食べている時に、メニューをパラパラ見ていたら発見、
Litchiにとってタイにおける強い味方だ。

これで49バーツだから貧乏Litchiにとってはありがたい。


食後にコーヒー飲みたいなーっと店を探していたらセカンドロードに普通にあった。
「子猫のおしり」って店で普通に日本人が経営している店だと思う。
(今、調べたらオールパタヤさんが経営の様子で)

何でもいいけどコーヒーがブラックで飲めるのはありがたい。
金額も50バーツだし近辺に来た時はここを休憩スポットにさせてもらおう。


ここで休憩している時にハルさんより連絡あるので合流を果たし、
店内で2時間ほど色々とくっちゃべっていた。

ハルさんのタイでの苦労話しやLitchiのことも色々と。

そこでハルさんがよくいう「バカラ女」が合流。
短パンにTシャツでノーメイク、それで会える関係といえばお二人の関係は推測できる。

「ビックリしたでしょ」

とは言われたけど特にビックリすることはないですよw
普通に「あー、お互いに楽な関係なんだなー」としか思わなかったです。


所用があるためにバカラ女さんと合流したハルさんとはここでお別れ。
といっても夜に一緒にマドカちゃんとムーカタ食べる約束していたから、
ほんの2時間もお別れしたかどうかのレベルw

しかしこっちは遊びに来ているからいいけど、ハルさんは仕事の合間の休日。
こうやっていつもお付き合いいただき申し訳なし。


ホテルに戻ってシャワーを浴びる時にマドカちゃんより連絡。
時間は17時40分で、その後18時に「今から向かうよー」と連絡。

18時30分過ぎにハルさんと再合流を果たしてモタサイ2台で向かった先は、
9月にも来たローカルなムーカタ屋。

マドカちゃん、同居しているシスター、従姉妹(?)、従姉妹の娘(4歳)の4人がいた。
従姉妹は夜の商売じゃないらしく、あんまりというかほとんど口をきいてくれなかったw

まあ、一般のタイの人からしたら買春旅行者なんて軽蔑しますわね(・∀・)


4歳の女の子は従姉妹の娘だとずっと思っていたけど、
また別の従姉妹の娘だとこの時に初めて知った。

自分の子供じゃなくても育てている様子、
タイ人のこのあたりの感覚はよく分からん(・∀・)


この4歳の女の子、可愛いけどまあイタズラ盛り。
でも周りはキチンと叱りつけていた。

ネットではタイは子供を叱らないから我慢が出来ない人間が多いとか見かけるど、
女の子が半泣きになるぐらい普通にガンガン叱っていたんですけど・・・

ハルさんに聞くと「普通に悪いことしたら叱ってますよ」とのこと。


席は用意されていて、自分用なのか一応スパゲッティやらチキンナゲットがあった。
ビールをお願いしてから軽く乾杯の後は食べて飲んで。
2011年11月パタヤムーカタ

時間にしたら2時間以上。
ハルさんはタイ語でマドカちゃんやシスターと話しをしたり。

自分はシスターとマドカちゃんとちょいちょい話して、
後は4歳の女の子に遊んでもらっていたw

言葉は分からないけど子供は懐いてくれたらすぐだねー。

次はこの娘にお土産買って行ってあげたいけど、
タイの4歳の女の子は何が欲しいかが分からんw


マドカちゃんは途中でかなり長い間、中座していたから何かと思ったら、
ずっと食べたものを嘔吐していたとのこと。

彼女の体調不良は知っていたけど、こちらの想像以上で大変な様子。

それでもその後にアイス2個は食ってたけどねw

そして自分はマドカちゃんが中座している間は、
どうせスマホをなぶっているんだろうとしか思ってなかった。

こういう曇った心が嫉妬深いとか言われるんだな、反省しよう。
これを焼いているように見えるんだなw
2015年11月パタヤ用にやきもち画像


最後の方にシスターと離れたところでタバコを吸っている時のこと。
今日のメンバーでマドカちゃん以外、ロイクラトン前はシーラチャに行っていた。

「あなたがパタヤに来てロイクラトンを一緒に過ごしたいって言うから」
「彼女(マドカちゃん)はパタヤに残って待っていたんだよ」


よくあるサポート発言にしか捉えていないけど、
まあ実際にパタヤに残っていたことについては感謝している。

もちろんLitchiと会うことが収入になるってのがあるからだけどw


21時30分近くになってからムーカタ食事会はお開きに。
会計は1,542バーツだったので1,600バーツ支払い残りはチップ。


ハルさんから飲みに行きませんかと誘われたので、
マドカちゃんに一応聞いてみたけど「あっ?飲みに行くだと(#・∀・)」
のリアクションなので当然行けるわけもなく。

マドカちゃんと二人で一台のモタサイでホテルへ移動する途中、
ブッカオを通る時に服の屋台とかが並んでいるところで途中下車。

「ショッピングいい?」と聞かれたので甘イープンな自分はオッケー。
ここなら金額もしれているしねw


デカイTシャツが欲しいみたいで最終的に2つに絞ってから、

「ねえ、どっちが似合うと思う?」


だからそれは止めて欲しいw
両方買っていいよと伝えるも2つもいらないらしい。

結局、こっちかなとLitchiが選んでお買い上げ、300バーツなり。

後はネイルがしたいとのことで、屋台ネイル屋でネイルを実施。
2015年11月パタヤ知らないおねーさんのネイル
※写真は先客の知らないおねーさんの手ですw


好きなのを選んでいいよと伝えてから小一時間ほど付近で待機。
ちょうど花火が見えるので花火を見たり、職場への義理土産を買いに行ったり。

ちょいちょいと戻るとこっちの話しになる。
その間に何度かJapanをKoreaと言い間違えたのはご愛敬。
彼女がガウリー(韓国)専用機なのがよく分かったなっと。


終了した出来上がりを見てご満悦なマドカちゃん。

ちなみに金額は1200バーツとなかなかの金額。
前回は300バーツちょっとだったけど、彼女いわくこの店の方が上手だし、
1ヶ月以上長持ちするからこの金額になるらしい。

前回との違いはいっちょも分かりませんでしたがw


ホテルに戻ってからはなんちゃって英語で色々とコミュニケーション。
どんな会話内容かというとこんな感じ。


「ねえスカイプって知ってる?」
「知ってるよ」
「シスターはオーストラリアの人とスカイプとかしてるんだー」
「私もLitchiとスカイプとかしたいナー」


ん?なんだこの流れ?

「ノートブックが欲しいんだけど」


やかましいわいwww


「LINEのビデオコールでいいじゃん」
「LINEだと高いんだよ!」

何、その謎理論w


その後はネットで色々と検索した結果を見せられた。
価格帯は5000バーツ前後と、こちらの懐具合をよくご存じでw


多分、中古を売っているサイトだと思うけど、何故かタブレットの方がラップトップより高い金額だった。

「ねえ、なんでノートブックよりタブレットの方が高いの?」

旅行者にそんなこと聞くなw


こんな形で次回欲しいものをおねだりというかマイルドに脅迫されつつ、
シャワーを交代で浴びてから寝る準備。


最後にもう一度コスプレをお願いするとあきれた顔をしつつ、
着てくれたので満足いくブンブンをして終了。


2時ぐらいに就寝する。




1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter





関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

タブレット、どうやって断ったんすか?
私なら押し切られてしまいそうな状況なので、すごいなぁと。

Re: タイトルなし

kuniさん

断ったというか次回のおねだりだったので、
生返事を繰り返して曖昧な回答をしておきましたw

ノートパソコンとか絶対YouTubeとFacebookぐらいしか使わないので、
無駄の極みだと思いますし。

まあ、ブログ書くのと各種予約とかにしか使わない自分も、
似たようなもんですけど・・・


> タブレット、どうやって断ったんすか?
> 私なら押し切られてしまいそうな状況なので、すごいなぁと。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する