2016年1月6日目 ~ パタヤ戻ったよー

今日は1月13日(水)で滞在6日目。
昨日1月12日(火)にパタヤに戻ったので、自分用に行動記録を。


1月12日(火)
チェックアウトは11時30分ぐらい。
ロビーでYutaさんと待ち合わせてから、DUBAIさんが宿泊しているホテルへ。

宿泊していたホテルはThee Bangkok Hotel(ジーバンコクホテル)ってとこ。
12月下旬にagodaで予約して2泊で9,592円。
2016年1月バンコクでジーバンコクホテルの部屋


場所はスクンビットソイ20でスクラッチドックのほぼ向かい。

良かったところと悪かったところ。

【良かったとこ】
・立地が良くてスクラッチドックが近い、酔っぱらってスマホを失くす心配なしw
・部屋が広くてキレイ
・値段が安い(この立地でこの部屋はなかなか今は難しいような気がする)

【悪かったところ】
・全館禁煙(喫煙者には不便)
・カギがカードタイプじゃない
・セーフティーボックスは部屋になくてフロントの横

全体的には満足、スクラッチドックに行かなかったのは心残り。
未だにスクラッチドックに行ったことがないので。

窓がないとか歯ブラシがないとかあったけど、別にそれは問題なかった。
このホテルを教えていただいた方には感謝。
(お名前を出していいか分からないので伏せておきます)


YutaさんとDUBAIさんのホテルにタクシーで向かってから3人でシーシャへ。

そういやDUBAIさんのホテルにいた時のこと。
マドカちゃんから「いつパタヤ来るんだ?」とかなりしつこくメッセージ。

しつこい理由はヘアメイクしたいのに財布がこないと出来ないからw


女の子がいないことを証明するために、DUBAIさんにご協力いただきアリバイ写真(?)を送付。
この時にYutaさんが言ったこと。

「いつミッションがあるか分からないので、
ボクはマドカちゃんに顔バレしないようにしておきます!」


ってのは笑いましたw


「マドカちゃんで遊ぼう」シリーズってイマイチかと思ってました。

中井さんもですけど意外に面白がって下さっているので、
企画して実行した甲斐がありました(・∀・)


シーシャ屋さんで3人で16時ぐらいまでずーっと喋りこんでいた。

実はこの時は早くパタヤに行きたいじゃなくて、
お二人が帰国するまでバンコクにいたかったです。

所用で他の場所に向かわれるお二人とは、
BTSの何とかステーション(名前忘れたw)で16時過ぎにお別れ。

4日間、パタヤとバンコクでご一緒できて楽しかったです。
タイに来ても一人のことが多かったし、特にそれがイヤとかはなかったけど、
今回ワイワイと遊べて充実した時間を過ごせました。

あんまり散財とか出来ない状況なのに、末席に加えさせていただき感謝。

またタイでご一緒出来ればと思います。



エカマイ駅に着いたのは16時30分で、16時40分発のバスチケットを購入。
値段は変わらずの115バーツ。

ここからは普段通りケチケチした旅行。
やはり10泊の長丁場は4泊とかの感覚でいると破綻するので。

腹が減っていたけど節約のため、コーラを15バーツで買ってバスに乗り込み空腹は誤魔化してみる。


バスは満席。
車中の2時間はスマオをなぶっていたらすぐかと思いきや、
パタヤに着いたのは19時30分過ぎと予想より1時間近くかかった。

車中でビデオコールがあってマドカちゃんには19時ぐらいと伝えていた。

遅刻状態なので待機しているソンテウに50バーツ払って乗り込む。

本当は巡回しているソンテウに乗ってから乗り継いで向かうつもりだったけど、
ブッカオあたりまで上手く巡回しているのに乗れる自信がなかったため。


待たせたらいけないと思って、ホテルにチェックインしてからすぐ外へ。

離れた場所にいるマドカちゃんと落ち合う手段はよくある手法。
モタサイを捕まえて、マドカちゃんに電話してから場所をドライバーに説明してもらうってやつ。

この時もそうしたけど、このドライバー左手でスマホを持ってから、
マドカちゃんと話しながらさっさと走り出すから怖いことこの上なかった。


彼女の行きつけのサロンに到着すると、ちょうど髪をドライヤーしてもらっているところ。
2016年1月パタヤサロンにて


なんか他の予約客がいたので、かなり待ったとか言っていた。

カットとカラーを入れてのお代1000バーツは、もちろん財布(Litchi)がお支払です(・∀・)


サロンを後にしてからはマドカちゃんのコンドへモタサイで移動。
コンドの1階にある売店で買い物するから何かと思いきや、
「お腹空いたからママー食べるけど食べる?」だった。

かなり空腹なのでお願いすることに。


こんな感じだった。
2016年1月パタヤでママー

卵は分かるけど缶詰のサンマっぽい魚が一緒なのは意外。
日本ではない発想。

味はまあインスタントラーメンですw


部屋でしょーもないこと聞いたらちょっと怒られて、すぐ不機嫌になったから食事中は無言。
おかげでTwitterの閲覧とかが、はかどったw


パタヤからバンコクに移動する際に荷物が邪魔だったので、
預かってもらっていた荷物を持ってコンドの外へ。

彼女の馴染みのモタサイを電話で呼んで、2台に別れてホテルへ移動。


サロンに行った時にホテルがブッカオにあることを伝えると、
何やらサロンの女性と「ブッカオ何ちゃらかんちゃら」って話していたので、
夜遊び専門みたいなホテルだからかなーと思っていた。

一応どんな話しをしていたか聞いてみると
「ブッカオってマーケットにしか来ないから、ホテルがあるなんて分からなかった」
だった。


周囲にバービアとかマッサージパーラーがあるけど、
安いホテルだよって伝えると納得した様子。

後は「マッサージパーラーってどんなところ?」の質問があるので説明。

「中に入ったら女の子が座って並んでいるから、お客さんは女の子を選ぶんだよ」
「それから一緒に部屋に行くシステム」
「へー、中で女の子はダンスとかしてないの?」
「座って待っているだけ」
「お酒とか一緒に飲まないの?」
「飲まないよ」
「ふーん、そうなんだ」


下戸のマドカちゃんからしたら、お酒を飲まなくていいのが魅力に感じたのか?
転職をお考えかもしれませんが、1日何人も客を取るのはあなたには無理でしょうw


そういやきちんと書いていなかったけど、マドカちゃんは現在無職。
パタヤには住んでいなくて12月中旬に田舎に帰っていた。

今回、Litchiの訪タイに合わせてパタヤに来てもらった次第。


まあ、そんな話しをしながら交代でシャワーを浴びて3時前には就寝。

一応やることはやってるけど、内容的には目新しくないので割愛。



1月13日(水)
自分だけ先に8時前に起床。
マドカちゃんは9時ぐらいには起床してお着換え。

最近は朝はブンブンなし。

従姉妹の4歳の女の子の面倒を見るためコンドに戻る彼女と一緒に外に出て、
一人で朝食を済ませてブッカオを取りあえず軽く散策。

昨日ソンテウで移動する時に見つけていた、1時間100バーツマッサージ屋でマッサージ。
バンコクなら200バーツか250バーツだからこれはありがたい。

1時間100バーツのマッサージ屋は、セントラルロードからブッカオに入ってすぐのとこ。
何軒も同じ値段で並んでいるからすぐ分かるかと。

多分、今日からは毎日マッサージに来るから、この辺りは重宝しそう。

先にカフェイン補給所を見つけておいてから、コーヒーを買って適当な店でマッサージ。
100バーツを店に支払いマッサージ師には50バーツチップ。

このチップのために極力50バーツ札は使わないようにしていたw


これから洗濯物を出して、適当に昼飯でございます(・∀・)





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する