2016年1月パタヤ ~ マドカちゃんと(続)お買い物して深夜の会談(7日目)

今は1月15日(金)の6時前、5時前とかとんでもない時間に目が覚めたので更新。


では前回の誤字だらけのブログからの続き(←直す気はないw)


ブログを書きあげたのが19時ちょうどぐらい。
「まだー?」みたいなプレッシャーに耐えれなかった。
ブッカオ市場とはいえ女性にとってやはり買い物は楽しいだろうから早く行きたかった様子。


モタサイに乗って移動。

靴屋、コスメ、服、スマホのケースで屋台をまわった。
靴屋は一軒だたけどコスメは二軒、そして服は何軒行ったかか覚えていないw

男性諸氏ならお分かりいただけるかと思いますが、
女性の買い物に付き合うのは苦痛でしかない。

でも財布(Litchi)と一緒にショッピングに行くのを楽しみにしていたのを知っているので、
マドカちゃんにはガッツリ2時間付き合いましたよw


実は部屋にいた時にちょっとしたことがあって疑問と不信感を抱いていた。
(この疑問と不信感は書くことはないのでご容赦を)
それが背景にあってスマホをのケースを買っている時に露骨に態度に出てしまった。

マドカちゃんが新しいスマホのケースを欲しがっていたのは知っているので、
それは普通に買ってあげてもかまわないと思っていた。

無職の彼女が田舎で使うであろうものをチョイチョイと買っていたし。

この時に2つを勝手に買っていたので露骨に不機嫌な表情になってしまった。

「シスターに買ってあげたいんだ」
「Litchiからだよって伝えるからね!」


なんじゃそりゃ?

確かにシスターにはお土産を買って行ったりしているけど、
何の断りもなしに勝手に買うのはちょっと違うと思った。

こちらの表情が険しいのに気がついてからすぐに謝ってきた。

「ゴメンね、こういうのは良くないよね」
「シスターの分は自分が出すから」
「明日は1,700バーツだけ払ってくれたのでいいよ」

(マドカちゃんは財布に100バーツも入ってないw)

たかだか300バーツ、うまく説明できないけどこういったのはイヤだった。
それよりも部屋での疑問と不信感が噴き出してくるのをガマンできなかった。

「怒っているよね、本当にゴメンナサイ」
「そんなことないよ、大丈夫だよ」
「だって顔が怒ったままだよ」


笑顔のつもりだったけど、ひきつっていたらしいw

買い物を終えてケバブが食べたいというので、電話でモタサイを呼び、
ソイハニーのもう一個向こうのソイ(名前は知らないけどエリア51とかがあるソイ)に移動。

ケバブを買っている時も「顔が怒っている」とかなり気にしていた。

薬を買いたいというのでケバブを待っている間に薬屋へ。

確か会計が24バーツとかだったんで小銭を探すも、1バーツは1枚しかなかった。
10バーツは5~6枚あったけどソンテウ用で買い物では使わないので、
20バーツ札2枚で支払いを済ませた時のこと。

どうでもいいことでほぼ初めてに近い皮肉を言ってしまう。

「何で10バーツで払わないの?」
「ソンテウに乗らなければ行けないからね」
「一緒の時はモタサイだけど一人だとソンテウに乗ってるんだ」
「お金をセーブしないといけないからw」

「・・・ゴメン」

うん、大人気ない器が小さいイヤミもいいとこだw



その後はモタサイ運転手の知り合いのタトゥー屋に移動。
新しいタトゥーを入れるかどうか迷っているのでその下調べの様子。

ホテルに戻る時もエレベーターの中で本気のワイをしてきた。
よく知らないけどワイ同時にヒザを少し折るってヤツ。

笑顔で「サンキュー」の言葉と一緒に。


偏見かもしれないけど元も含むGOGO嬢は客に対して、
サンキューもソリーも言わないと思っている。

言っても口先だけの時が多い。

なのでちょっと驚いたし、今日一日で買い物だけで4000バーツ使ったけど、
まあ予算の上限を言っていない自分がいけないのでそれはいいかなとと思った。

甘いねw


でも出かける前の疑問と不信感は解消されていないので、
部屋に戻ってもマドカちゃんは珍しいぐらい気を使ってた。

「買い物はもう止めるね」
「お金を使い過ぎてゴメンナサイ」


あくまで買い物をし過ぎてそれを怒っていると思っている様子。

まあ遠慮なしにするなってのは思ったけど、それはいつものことだから気にしなかった。
また飲みに行けばそれぐらい使うから、飲みに行ってなければそれでいいかと。

それ以外の部屋を出る前のことがモヤモヤしていてケバブを食べた後に、
「タバコ吸ってくる」と伝えて色々と考えてみた。


疑問と不審点を直接聞くことはすぐに決めた。
多分、いつものようにキレて怒りまくってうやむやになるだろうと。
そうなったら今日はもう帰ってもらってから、一人で飲みに行ってみようかと。

セブンイレブンでコーヒーを買ってきてから
パヤタで残っている馴染みの女の子(ナオちゃん)に速攻で連絡する。

ちょうど田舎から友達が出てくるので、ディスコに遊びに行くとの返信。

とりあえず遊ぶ女の子の確保は問題なくなったので、
部屋に戻って話しを切り出してみる。


お互い母語でない拙い英語で1時間ぐらい話してみた。

ここまで長い間二人だけで話しこむのは5月の時に、
LINEはブロック、それ以外は全部友達削除されて以来。

案の定、最初は怒気を孕んでキレて言い返してきたけど、
何度も何度も「Calm down」「Relax」と伝えて話しをしてみた。


こちらの疑問と不審点は自分の誤解や勘違いが重なってのこと。
その代わりにマドカちゃんも話せる範囲で色々と話しをしてくれた。

まあ、その後は仲直りのブンブン。

ご存知の通りもめた後のブンブンはなかなかいいもんでした(・∀・)


そしてブンブンの後はいつもの調子に戻ってしまって、
コンビニまでママーを買いにパシったことを報告しておきますw

2時に就寝。


1月15日(金)
滞在8日目で後3泊を残すのみ。

5時前とかとんでもない時間に目が覚めて時間あり。

飲み歩いたり色々な女の子とブンブンしたりの内容じゃないので、
単なる備忘用になってブログを更新してみた。





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter
関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する