FC2ブログ

2月3日(土)その1 ~ テパシット遠かった(´・ω・`)

起きたのは多分9時とか10時とか。
マドカちゃんを一度部屋に帰してから自分はKZ氏と一緒に外出。

KZ氏のチェックアウトに付き合っている時のこと。
「部屋の小ダオルが一つ足りない」と指摘を受けていたw

これは自分が原因。

昨日、バスタオルは1枚余分にもらっていたけど、
ヒラメの野郎が小ダオルに口紅をべっとりと。

さすがにマズイと思って同じホテルに泊まっているKZ氏の部屋から、
小ダオルを1枚拝借しておいたため。

口紅がついた小ダオルはマドカちゃんに見つからないように隠しておいた(・∀・)


自分の部屋にあることを伝えてから事なきを得る。

しかしタオルの枚数とかチェックしているんだねぇ。


KZ氏と一緒にいつものタクシースタントでKZ氏のタクシーを予約。
そのまま2人で向かった先はこちら。
2018年2月パタヤmalee看板

ソイハニーにあるmalee。

馬鹿の一つ覚えw

食べていたのはこんなものや、
2018年2月パタヤmalee朝食1

こんなものでした。
2018年2月パタヤmalee朝食2



ちょうどTMさんも起きた頃合いだったので合流。

TMさんは朝まで遊んで昼過ぎまで寝る正しいパタヤスタイル。
ジジイな自分は大体7時とか8時に目覚めるから羨ましい。


3人でコーヒーを飲みながら談笑。

自分はマドカちゃんとの買い物ツアー(笑)が待っているので、
ここでお2人とお別れしてからいったん部屋に戻ったり、
センタンへ一人でぶらぶらと向かったり。


やがてバンコクへ向かうKZ氏から連絡があったのでホテルで合流。
(荷物を預かっていた)

迎えのタクシーに乗り込むKZ氏をお見送り。
2018年2月パタヤさよならKZ


色々とありがとうございました。

マドカちゃんとはまたまた関係が切れたので、
今度は別の嬢を紹介できるようにしますね(・∀・)



KZ氏を見送ってから、マドカちゃんに連絡してから合流。
2人で向かった先はテパシットのマーケット。
2018年2月パタヤテパシット市場


モタサイで向かったら2人で200バーツ。

往復なら400バーツか・・・


バイクをレンタルしているならありだけど、
わざわざモタサイに乗ってまで来る場所じゃないよなー。

ここで16時から19時過ぎまで買い物やら食事。
今回は1,000バーツ渡してその範囲内で買い物の約束。

服やらスマホケースやら色々と買ってました。

食事は「ここが美味しいよ!」と連れていかれたマーケット内の食堂。
2018年2月パタヤテパシットマーケットで食事


普通のタイ料理でした(・∀・)


買い物が終わったら一度ホテルに戻る。

マドカちゃんはお疲れの様子でそのままスヤスヤと寝だす。


自分も寝ようと思ったけど全く寝付けず。

なのでTMさんからご連絡をいただいたら、これ幸いとウォーキングストリートへ向かう。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス








ツイッターもやってます。


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

2月3日(土)その2 ~ Pierでシーシャ

途中でフットマッサージをはさんでからのウォーキングストリート。

全然覚えていなかったけど、ブログを書く時にツイートを確認したら、
ヒラメのマッサージ屋に行ったんだった。

確か他の嬢にフットマッサージをお願いしていたらヒラメが奥の方で化粧。
そしてヒラメがこちらに気がついて声をかけてくる。

いるんならヒラメに手コキでもさせようとオイルを頼んだら、
「今日は休みだから嫌だ」と断られたw

なんか入念に化粧しておめかししていたから、
これから飯でも食って遊びに行くみたいだった。

フットマッサージを受けて時間調整。


友人から連絡をもらっていたのでYESに向かってちょっと挨拶。

sinさん(小文字)もいらっしゃったけど、みなさんお連れさんがいたので、
自分は踊っている嬢を眺めながらTMさんと連絡を取ったり。

20分ほど滞在後、会計を済ませて外へと向かう。



TMさんとPier近くで待ち合わせ。
2018年2月パタヤpier看板


TMさんはティンダーで見つけたというウクライナ嬢と待ち合わせているとのことで、
しばし二人で待機していると金髪碧眼のウクライナ嬢登場。

金髪信仰がない自分にとっては普通の白人だけど、
お好きな方にはたまらないんでしょうねぇ。


そのままPierになだれこむかと思いきや、ウクライナ嬢の友達だとかいう、
ビラ配りのおねーちゃんと挨拶をさせられる。


この時で時間は23時過ぎ。
ちょっと早いけど初めてのPierへイン!

椅子とテーブルが多い店内はinsomniaばっかりの自分には新鮮。

この時間は客が少なく、音圧が凄いステージ近くの席へ案内される。


シーシャ頼んでボトルを入れてからスタート。
2018年2月パタヤpierシーシャ

シーシャは時間制限があるスタイル(多分)

しかしディスコでシーシャ復活とか嬉しいですねー。

値段はアップルミントで490バーツ(とメモっていた)と、
バンコクよりはちょっぴりお安かった。


最初はねー、ちびちびと飲んでいたんですよ。
店内もスカスカだから盛り上がるわけもないし。

ただ途中でダンサーが来てからテキーラいいかと。

「テキーラ6杯(多分)」をオッケーしたら、なんか盛り上がってきた。


というかゴゴと同じ感覚でいたら1杯200バーツだったw


テキーラじゃんけんしながら、シーシャを蒸気機関車のように吹かしていたら、
マオってきてから調子に乗り出したような・・・

確か1時ぐらいまでは記憶があったけど、途中で「ぷつっ!」と記憶が途絶えている。


次に意識があったのはホテルの部屋で、横には怒りの表情のマドカ嬢だった('A`)






訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス








ツイッターもやってます。


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

2月4日(日)その1 ~ 交互に部屋に呼ぶ

とりあえず昨日何があったかを後日TMさんに教えていただくとこんな感じだったらしい。

なんか深夜にテキーラを追加し、その後あたりでダウンしたらしい。

写真を確認するとPierのダンサーに膝枕してもらって爆睡しているw

全然覚えていないのがもったいない・・・


その後にジョッキで水を飲み干してから「じゃあ帰りますわ!」と、
意気揚々と千鳥足で表に出たらしいw

TMさんいわく

「小走りでウォーキングストリートを通り抜けてました」
「テンションの上がり方と下がり方がビットコインの値動きみたいでした」


やかましいわいwww


というか外まで見送ったりしていただいた様子で申し訳なし。

いや、本当にありがとうございました。



話しを部屋に戻すとマドカちゃんはかなりの怒りの表情。

そりゃあ勝手に抜け出して記憶がないぐらい飲んで戻ると、
彼女は酔っ払いが嫌いなのに怒りますわねぇ。

LINEを送っても既読にならないし、戻ってきたら泥酔しているし、
おまけにろくでもないことを言った様子でもう帰ると。


へいへいと思いながらそれでもモタサイ代を渡そうとすると、
財布の中には部屋のカードキーもクレジットカードもない。

セーフティーボックスにでも仕舞ったかな?と思って、
中を確認すると部屋のカードキーは鎮座している。

ポケットとかスーツケースとかいくら探してもクレカは見当たらない。


はー、やっちゃったな。


とりあえず紛失届は出さなければいけないので、ネットで電話番号を調べてから、
その場で日本へ電話してカードを止めてもらう。

キャッシングはされていないとのことだったけど、
オーソリーが建つのは時間差だから安心はできない。


しかしなぜ失くしたのかは今でも不明。
キャッシングとかしようとして機械に飲み込まれたのか?

とにかく飲みに行くときはカード類は全部部屋に置いておこう。


その一連の流れを帰り支度をしながら眺めていたマドカ嬢は、
「もう大丈夫か?」「一度部屋に帰る」とのこと。

まだ酒が残っていて、ダルいのでそのままお帰りいただく。


もうちょっと飲んでから寝ようとコンビニで酒を仕入れながらLINEを見ると、
どうも酔っぱらっている時にヒラメへとLINEを発射していた様子。

飲みながらポチポチと返信していると部屋に来る流れになる。
2018年2月パタヤ部屋飲み


ヒラメを迎えるために部屋で飲みながらマドカちゃんの痕跡を消していくw

歯ブラシ、ヘアキャップ、洗顔クリームとかを手早く片付け。
バスタオルは1枚しか使っていないので、使っていないバスタオルをヒラメへ。

後は外でビールとか飲みながらお出迎え。

2018年2月パタヤ部屋でのヒラメ


ブンブンはしたけどさっぱり覚えていない。

覚えているのは寝ていたらイビキがうるさいらしく、
何度もヒラメに叩かれて起こされたことだけだったw





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス








ツイッターもやってます。



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

2月4日(日)その2 ~ ラストナイト難民

起きたのは15時とか16時ぐらい。
寝起きのパツイチは疲れているからと断られたw

この時間になったので店へのペナルティ込みで2,500バーツお支払い。
(ヒラメへ2,000、店に払う分500)


この時点でマドカちゃんと夜も会うかどうか決めていなかったので、
まあ保険をかけておこうとペナルティを払っておいた。

休みにさせたのだから、ペナルティを払った客のところに来るだろうと。


ヒラメ嬢と一緒に出かけてモタサイ乗り場でバイバイ。

自分はタクシーをブッキングするためにいつものタクシースタンド。
今回は午後の便なので、迎えの時刻は10時30分にしておいた。

早朝便が多いのでホテルにタクシーが来るのは4時とかだから、
この時間の予約とか初めてだけどいいねー。

余裕があればBKK14時発とかの便が一番自分に合っていると思う。



その後はとりあえず飯でも食おうといつものステーキ屋へ。

ブッカオでソンテウ乗ろうとソイを南下している時、
なかなかカワユス健全マッサージ嬢を発見。

表向きは健全でもムフフがあるだろうと、後で来てみることにする。

まずはローンスターでテンダーロイン。
2018年2月パタヤローンスター


安定のお味でした(・∀・)


食欲を満たした後は性欲を満たすため、先ほどのマッサージ屋に行ってみるも、
カワユス嬢は客がついたのかいない(´・ω・`)

何でもそうだけどその場で呼ばないとダメですなー。


とりあえず金玉袋を軽くするために他のマッサージ屋へ。

顔立ちは好みから外れるキレイ系の嬢がいたので、
オイルを所望してから1時間マッサージ。

30歳前後かと思ったらバンコクから来た22歳。
学生で3ヵ月だけパタヤにいるとかでパタヤに来て4日目とかなんとか。

軽いタトゥーが入っているから、不健全マッサージもいけるだろうと。


案の定、チンコを指さしながら「マッサージは必要か?」と。

とりあえず最初は断ってから懇願されてしぶしぶ受けるシチュエーションにしようと、
断ってみたら「You are good guy」とか言われて普通のマッサージになってもーたw

買春に来ているのにカッコつけるもんじゃないっすね。

このお嬢さんは英語がタイ人の発音じゃなかったので話しやすかった。
マッサージ中にどうでもいいことをベラベラと話しながら終了。


その後はTMさんと合流するべくウォーキングストリート。

とその前に前から目をつけていた嬢に会うためにとあるGOGOへ。
顔立ちはバリバリの東アジア人向け。

呼んでから盛り上がったらペイろうと思ったけど、
どうもイマイチ話しが盛り上がらないので終了。

うーん、ラストナイトだけどなかなか相手が決まらないねぇ。


TMさんはパレスにいるとのことで久しぶりにパレス。
この店が人気なのは知っているけど、あんまり来ることがないんだよねぇ。

人気店なので店内はかなりの混雑。
それでも何とかTMさんを発見してから乾杯。

TMさんがつけている嬢、キレイだけど自分の好みの系統ではない。

好みがバッティングしないのでTMさんとは仲良くできると思うw


TMさんはハリウッドに向かわれる話しができつつあったので、
自分はここでいったんお別れさせていただく。

ハリウッドで現地調達してもいいけど、言い値が高いんだよなー。


ということで自分のホームグランド(?)へGo!





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス








ツイッターもやってます。


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

2月4日(日)その3 ~ 新規開拓やらなかった夜

いったん時間調整も兼ねてシーシャを嗜むためにいつもの店へ。

2018年2月パタヤシーシャ


実はマドカ嬢とマッサージ屋に行く前からずーっとやり取りしつつ、
どうするかを決めかねていた。

まあ色々とございまして今回は会わずに帰国しようかなと。


それと「最終日はいい娘にあたる法則」ってのが自分の中であったから。

去年のいい娘の法則はこんな感じ。


◆2017年5月アスカ嬢
→トムボーイになってしまった

◆2017年7月ヒラメ嬢
→性格がかなりキツイので固定嬢の軸にならない

◆2017年10月ナナおばさん
→ナナおばさん、そもそも普段はパタヤにいないので1回こっきり


なんとあてにならない法則ww



ちなみに保険でヒラメともやり取り少しだけしていたけど、
今日は疲れているとか何とかだった。

となると新規開拓しかない。

ではそろそろ行くかとinsomniaに向かったのはちょっと早い23時過ぎ。
2018年2月パタヤ最終夜insomnia


カウンターでビールを頼んで店内を徘徊していると、
友達何人かと踊っているヒラメ嬢をはっけーん(・∀・)



疲れているから今日は無理じゃなかったんかいww



ヒラメちゃんはさすがにバツが悪いのか、こちらに気がついた途端に背中を向けていたw


とりあえずヒラメに皮肉を何本か送っておいて、店内を見渡すもイマイチな感じ。
ヒラメがこっちに気がついたので、他の嬢を連れて帰るのは後が面倒だしなー。

他の嬢を連れて帰っても別に怒るだけだけだからいいかもだけど、
次から交渉する時にヒラメに負い目を作りたくないw


紆余曲折の末、結局はマドカちゃんと会うことになりホテルへ帰還。
酒を大して飲んでいないのでソンテウへ乗り込む。

ホテルの外で落ち合ってからマッサージ屋へ。


閉店間際だったけど入れてもらえたので自分はフットマッサージ、
マドカちゃんはタイマッサージ。


部屋に戻ってから朝方ケンカしたのがウソのように色々とお話し。

何を話したかはあんまり覚えていないけどw

その後はブンブンしてから就寝。
長い1日だった。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス








ツイッターもやってます。


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行